Home Column 第89回アカデミー賞パフォーマンスまとめ

第89回アカデミー賞パフォーマンスまとめ

第89回アカデミー賞パフォーマンスまとめ
0

第89回アカデミー賞で行われたパフォーマンスをまとめました。ジミー・キンメルとマット・デイモンの確執ネタ、例の大事件の映像もあります。


まずはオープニングで酢。会場に入っていくカメラ。そこにジャスティン・ティンバーレイクが登場し、ダンサーを従え、歌いながら会場に入っていく、というパフォーマンスを行います。その後会場はライブのようになり大盛り上がりでアカデミー賞の幕を開けました。

ジャスティン・ティンバーレイクが歌ったのは『Trolls』の「Can’t Stop the Feeling」。『Trolls』は日本未公開、ジャスティン・ティンバーレイクとアナ・ケンドリックが声を担当したアニメ映画でサントラが大ヒットしています。デュエットしたアナ・ケンドリックが登場するかと思ったのですが、残念ながらそれはありませんでした。

ジャスティン・ティンバーレイク/Can’t Stop the Feeling

『モアナと伝説の海』から「How Far I’ll Go」。リン=マヌエル・ミランダのラップからスタートし、モアナを演じたアウリイ・クラヴァーリョに引き継がれるという構成。これはサントラにはないアカデミー賞オリジナル・バージョンで、アウリイの登場の仕方といい実にかっこよかったです。
アウリイは16歳とは思えない堂々とした歌いっぷり。第86回アカデミー賞授賞式での『アナと雪の女王』のイディナ・メンゼルより安定していました。恐るべき16歳です。

リン=マヌエル・ミランダ&アウリイ・クラヴァーリョ/How Far I’ll Go


ISISに殺害されたアメリカ人ジャーナリスト、ジェームズ・フォーリーの足跡を幼なじみがたどるドキュメンタリー映画『Jim: The James Foley Story』からスティングによる「The Empty Chair」

スティング/The Empty Chair

『ラ・ラ・ランド』からは、劇中ではライアン・ゴズリングが歌った「City of Stars」とエマ・ワトソンが歌った「Audition」のメドレーを、映画にミュージシャン役で出演しているジョン・レジェンドがピアノの弾き語りで歌いました。元々ジョン・レジェンドはピアノを弾く人で、劇中のギターを弾く役の方が大変だったそうです。これも『モアナと伝説の海』同様アカデミー賞オリジナルバージョン。ダンサーを含めて圧巻のパフォーマンス。アカデミー賞ならではです。

ジョン・レジェンド/City of Stars〜Audition〜City of Stars

追悼コーナーです。冒頭、紹介するのはジェニファー・アニストン。歌手のプリンスの話から映画のプリンセス(レイア姫)の話に。スター・ウォーズ・サーガでは必ず最初に流れる文言「In a galaxy far far away」を引用しています。そして前日に急逝し今回の追悼映像に間に合わなかったビル・パクストンを追悼。最後に歌手のサラ・バレリスを紹介し、サラの歌と共に追悼コーナーがはじまります。

サラ・バレリス/In Memoriam


後に発覚したのですが、追悼に出てきたオーストラリア出身の衣装デザイナー、ジャネット・パターソン。彼女が亡くなったのは2015年10月。本来なら昨年のアカデミー賞で追悼されていないといけません。さらに写真が同じオーストラリア出身のプロデューサー、ジャン・チャップマンになっていました。ちなみにジャネットとジャンは以前仕事をしており友人です。
使われていたのはプロデューサーのジャン・チャップマンの写真。右がジャネット・パターソン

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です