Home 国内NEWS エマ・ストーン&ホアキン・フェニックス、ウディ・アレン新作『教授のおかしな妄想殺人』6/11(土)日本公開決定

エマ・ストーン&ホアキン・フェニックス、ウディ・アレン新作『教授のおかしな妄想殺人』6/11(土)日本公開決定

エマ・ストーン&ホアキン・フェニックス、ウディ・アレン新作『教授のおかしな妄想殺人』6/11(土)日本公開決定
0

irrational-man-j-release_00ウディ・アレン監督・脚本最新作、ホアキン・フェニックスとエマ・ストーンが教授と教え子という関係を演じる『教授のおかしな妄想殺人』(原題:Irrational Man)の日本公開が6月11日(土)丸の内ピカデリー&新宿ピカデリーほか全国公開が決定しました。


ウディ・アレン51作目『Irrational Man』については、当サイトですでにお伝え済みです。英語版の予告編は以下のリンクをどうぞ。

エマ・ストーン再び。ウディ・アレン51作目『Irrational Man』予告編公開

主演は『her/世界でひとつの彼女』の個性派俳優ホアキン・フェニックス。ヒロインの教授に恋する女子大生役に前作『マジック・イン・ムーンライト』に続いてエマ・ストーンが参加しています。

教授のおかしな妄想殺人

ストーリー

夏の日差しがきらめくアメリカ東部の大学に赴任してきた哲学科教授のエイブ(ホアキン・フェニックス)は、真っ暗闇の中を生きていた。人生の意味を見失った彼は、慢性的に孤独な無気力人間になってしまったのだ。ある日、迷惑な悪徳判事の噂を耳にしたエイブは、自らの手でその判事を殺すという完全犯罪に夢中になっていく。かくして“奇妙な目的”を発見した途端、エイブの毎日は鮮やかに彩られ、身も心も絶好調に一変する。
一方、エイブに好意を抱く教え子ジル(エマ・ストーン)は、彼の頭の中におかしな妄想殺人が渦巻いているとはつゆ知らず、燃え上がる恋心を抑えられなくなり…

スタッフ&キャスト

監督&脚本:ウディ・アレン『ミッドナイト・イン・パリ』『ブルージャスミン』『マジック・イン・ムーンライト』
出演:ホアキン・フェニックス『her/世界でひとつの彼女』、エマ・ストーン『マジック・イン・ムーンライト』、パーカー・ポージー『ブロークン・イングリッシュ』

2015年/アメリカ/提供:KADOKAWA、ロングライド 配給:ロングライド
kyoju-mousou.com

6/11(土) 丸の内ピカデリー&新宿ピカデリーほか全国公開!

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です