Home 国内NEWS クリステン・スチュワート&オリヴィエ・アサイヤス『パーソナル・ショッパー』5月日本公開。特報解禁

クリステン・スチュワート&オリヴィエ・アサイヤス『パーソナル・ショッパー』5月日本公開。特報解禁

クリステン・スチュワート&オリヴィエ・アサイヤス『パーソナル・ショッパー』5月日本公開。特報解禁
0

クリステン・スチュワートが『アクトレス ~女たちの舞台~』のオリヴィエ・アサイヤス監督と再びタッグを組んだ、2016年カンヌ国際映画祭で監督賞受賞作『パーソナル・ショッパー』(原題:Personal Shopper)が、5月にTOHOシネマズ 六本木ヒルズほかにて公開することが決定。特報映像が解禁となりました。


本作は、クリステン・スチュワートがオリヴィエ・アサイヤス監督と『アクトレス ~女たちの舞台~』に続き、2度目のタッグを組んだ作品です。カンヌ映画祭での上映は物議を醸し賛否両論となりました。

今回公開された特報映像では、クリステン・スチュワート演じる、主人公のモウリーンが “パーソナル・ショッパー”として、「シャネル」や「カルティエ」などの息を呑むほどの煌びやかな衣装やアクセサリーを、次々と買い物をするシーンが映し出されます。そんな中、不気味に映し出される、「別人になりたいんだろう?」という携帯に届いた奇妙なメッセージ…

映画はホラーではないのですが、兄の幽霊と会話するという要素もあります。そこをサスペンスタッチにまとめています。

クリステン・スチュワート主演、オリヴィエ・アサイヤス監督作『Personal Shopper』予告編
クリステン・スチュワートが『アクトレス ~女たちの舞台~』のオリヴィエ・アサイヤス監督と再びタッグを組んだ『Personal Shopper』の予告編が公開されました。『Personal Shopper』はパリで、お金のために渋々...

映画『パーソナル・ショッパー』は5月、TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショーです。

ストーリー

忙しいセレブに代わり服やアクセサリーを買い付ける“パーソナル・ショッパー”としてパリで働くモウリーンは、数カ月前に最愛の双子の兄を亡くし、悲しみから立ち直れずにいた。なんとか前を向き歩いていこうとしているモウリーンに、ある日、携帯に奇妙なメッセージが届き始め、さらにある殺人事件へと発展する―。果たして、このメッセージは誰からの物なのか? そして、何を意味するのか?

スタッフ&キャスト

監督:オリヴィエ・アサイヤス(『夏時間の庭』『アクトレス ~女たちの舞台~』)
出演:クリステン・スチュワート、ラース・アイディンガ―、シグリッド・ブアジズ
原題:Personal Shopper/2016年/フランス映画/英語・フランス語/1時間45分/
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
公式サイト:personalshopper-movie.com

©2016 CG Cinema – VORTEX SUTRA – DETAILFILM – SIRENA FILM – ARTE France CINEMA – ARTE Deutschland / WDR

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です