Home 国内NEWS 5/12(金)公開、クリステン・スチュワート主演『パーソナル・ショッパー』本編映像公開

5/12(金)公開、クリステン・スチュワート主演『パーソナル・ショッパー』本編映像公開

5/12(金)公開、クリステン・スチュワート主演『パーソナル・ショッパー』本編映像公開
0

『アクトレス ~女たちの舞台~』に続いて、クリステン・スチュワートとオリヴィエ・アサイヤス監督がタッグを組んだ、2016年カンヌ国際映画祭監督賞受賞作『パーソナル・ショッパー』が5月12日(金)、TOHOシネマズ 六本木ヒルズほかにて全国ロードショーされます。その本編映像が公開されました。


アメリカ人のモウリーン(クリステン・スチュワート)の仕事は、セレブの代わりに服を買い付ける”パーソナル・ショッパー”。クライアントともめったに顔を合わすことがなく、やりとりも電話やメッセージだけ。
また彼女には霊感があり、古い屋敷を買う人達のために霊の調査をすることもあった。そんな彼女がフランスにとどまっているのは、3ヶ月前に亡くした双子の兄からのメッセージを待っていたためだった。

ある日、仕事でクライアントの衣装を買い付けるためパリからロンドンへと向かう道中、彼女の元に差出人不明の奇妙なメッセージが送られてくる…

今回公開された本編映像は、そんな謎の人物との緊迫のやり取りを映し出します。

オリヴィエ・アサイヤス監督は、「セリフの代わりに多くのテキストを挿入することで、想像上の会話が生まれ、テンションが生まれる。多少の違いはあれ、誰もがスマホの虜になっていると思う。リサーチしたり、コミュニケートしたり、手段であるべきものが、人支配してしまっている事実は、怖いことだと思う。だから映画の中でもそうしたんだよ」と意図を明かしました。

脚本段階では容易だろうと思われた本シーン、実は撮影の上ではかなりの苦労を伴ったようで「画面上の内容を撮って、それに反応する役者の演技を撮るのはすごく難しい。もう二度とやりたくない(笑)」とも語っています。

パーソナル・ショッパー

ストーリー

忙しいセレブに代わり服やアクセサリーを買い付ける“パーソナル・ショッパー”としてパリで働くモウリーンは、数カ月前に最愛の双子の兄を亡くし、悲しみから立ち直れずにいた。なんとか前を向き歩いていこうとしているモウリーンに、ある日、携帯に奇妙なメッセージが届き始め、さらにある殺人事件へと発展する―。果たして、このメッセージは誰からの物なのか? そして、何を意味するのか?

キャスト&スタッフ

監督:オリヴィエ・アサイヤス(『夏時間の庭』『アクトレス ~女たちの舞台~』)
出演:クリステン・スチュワート、ラース・アイディンガ―、シグリッド・ブアジズ
原題:Personal Shopper/2016年/フランス映画/英語・フランス語/1時間45分
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
公式サイト:personalshopper-movie.com
©2016 CG Cinema – VORTEX SUTRA – DETAILFILM – SIRENA FILM – ARTE France CINEMA – ARTE Deutschland / WDR

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です