Home 海外NEWS 『3 Generations(元邦題『アバウト・レイ 16歳の決断』)』の全米公開日が前倒しに

『3 Generations(元邦題『アバウト・レイ 16歳の決断』)』の全米公開日が前倒しに

『3 Generations(元邦題『アバウト・レイ 16歳の決断』)』の全米公開日が前倒しに
0

エル・ファニングがトランスジェンダーを演じ、母役ナオミ・ワッツ、祖母役スーザン・サランドンによる三世代の家族を描く『3 Generations』(元邦題:アバウト・レイ 16歳の決断)』の全米限定公開日が当初予定していた5月19日から5月5日に前倒しされました。


『3 Generations』はNYが舞台。男性への性転換を望むティーンの娘レイ(エル・ファニング)の希望を受け入れたシングルマザーのマギー(ナオミ・ワッツ)は、性転換の法律的な許諾を得るため元夫(テイト・ドノヴァン)を訪ねます。一方レズビアンの祖母ドリー(スーザン・サランドン)はかわいがってきた孫娘が性転換することで、その関わり方に戸惑う…というお話です。

この作品の配給を担当しているワインスタイン・カンパニーのせいで、タイトルと日程がコロコロ変わっています。
当初『Three Generations』というタイトルで全米公開日は2015年9月18日に設定されました。それが『About Ray』と改題され、公開日も2015年12月31日に変更されます。この段階で日本公開も決まっており『アバウト・レイ 16歳の決断』の邦題で2016年1月22日公開予定でした。
しかしそこで再び延期になり塩漬けされてしまいます。
それが2017年にタイトルが『Three Generations』に戻されて、全米公開日は2017年5月19日と発表されました。最終的には『3 Generations』というタイトルになり、全米公開日はロサンゼルスとニューヨーク限定で2017年5月5日となりました。

映画はそれに先駆けて5月2日に、「ベントンビル映画祭2017(Bentonville Film Festival 2017)で上映されます。ベントンビル映画祭は「メディアにおけるジェンダー研究所」を主宰している女優ジーナ・デイヴィスを中心に2015年から開催されている映画祭です。
ウォールマートや映画配給会社、映画館、TVメディアなどがスポンサーとして参加。ファン投票で選ばれた作品は参加スポンサーを通して配給、放送、ソフト販売が行われるというのが特徴です。
この映画祭を通じて、女性やマイノリティが主人公の映画を中心に、埋もれがちな良質な作品を商業ラインに載せようとしているのが興味深いです。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です