Home 海外NEWS ロザムンド・パイク主演、実話にもとづいたアフリカ人王子とイギリス人女性の恋を描く『A United Kingdom』

ロザムンド・パイク主演、実話にもとづいたアフリカ人王子とイギリス人女性の恋を描く『A United Kingdom』

ロザムンド・パイク主演、実話にもとづいたアフリカ人王子とイギリス人女性の恋を描く『A United Kingdom』
1

ロザムンド・パイクとデヴィッド・オイェロウォ共演、まだ人種差別が激しいイギリスで、アフリカ人王子とイギリス人の銀行員の女性が恋におちる、実話をもとにしたキューティー映画『A United Kingdom』をご紹介。


『A United Kingdom』は、1940年代後半、イギリス領ベチュアナランドの有力部族・ングワト族の第一王子であったセレツェ・カーマと、銀行勤めのイギリス人女性ルース・ウィリアムズの異人種恋愛を描く実話にもとづいたお話です。
当時白人と黒人の恋愛はタブーでしたが、この2人は人種差別などの困難を乗り越え1948年に結婚。カーマは1966年にベチュアナランドがボツワナ共和国として独立した時に初代大統領に就任します。
a-united-kingdom-pics_01ルース・ウィリアムズとセレツェ・カーマa-united-kingdom-pics_02
セレツェ・カーマをデヴィッド・オイェロウォ(『グローリー/明日への行進』『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』)、ルース・ウィリアムズをロザムンド・パイク(『ゴーン・ガール』)が演じる他、ジャック・ダヴェンポート、ローラ・カーマイケル、トム・フェルトン、ニコラス・リンドハースト、アーノルド・オーチェンらが出演します。

監督は『ベル ~ある伯爵令嬢の恋~』アマ・アサンテ。脚本は『レクイエム』『サイコ2001』ガイ・ヒバート。
a-united-kingdom-pics_03撮影風景です。求婚シーンですね。
『A United Kingdom』は2月11日から21日まで開催される第66回ベルリン国際映画祭でお披露目される予定です。

Comment(1)

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です