Home 海外NEWS アラン・カミング、エマ・ストーン&スティーブ・カレル共演、男女のテニス試合を描く『The Battle of The Sexes(性別を超えた戦い)』に参加

アラン・カミング、エマ・ストーン&スティーブ・カレル共演、男女のテニス試合を描く『The Battle of The Sexes(性別を超えた戦い)』に参加

アラン・カミング、エマ・ストーン&スティーブ・カレル共演、男女のテニス試合を描く『The Battle of The Sexes(性別を超えた戦い)』に参加
0

alan-cumming-battle-of-the-sexes_00男性優位主義者のベテラン男子テニス選手と、男女同権運動を行っていた有名女子テニス選手が、1973年に行った男女対抗のテニス試合の様子を描く、エマ・ストーン&スティーブ・カレル共演の『The Battle of The Sexes(性別を超えた戦い)』に、アラン・カミングがファッション・デザイナー役で出演することがわかりました。


『The Battle of The Sexes(性別を超えた戦い)』は、1973年、男性優位主義者で有名だった55歳の男子テニス選手ボビー・リッグスが、男女同権運動を行っていた30歳の花形女子テニス選手ビリー・ジーン・キングに挑戦状を叩きつけ、3万人の観客、50万人がTV中継で見守る中、「性別を超えた戦い(The Battle of the Sexes)」と呼ばれる男女対抗のテニス試合を行った様子を描きます。

監督には『ルビー・スパークス』『リトル・ミス・サンシャイン』のジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス夫婦、脚本には『ハンガー・ゲーム2』のサイモン・ボーファイ。

アンドレア・ライズボロー、エマ・ストーン&スティーブ・カレル共演『The Battle of The Sexes(性別を超えた戦い)』に出演

アラン・カミングが演じるのは、イギリス人ファッション・デザイナーで60年代、70年代に主流となるテニスウェアのデザインを考案した「ミスター・テニスファッション」こと、テッド・ティンリング。

「性別を超えた戦い(The Battle of the Sexes)」のビリー・ジーン・キングのテニスウェアのデザインをし、キングから絶大な信頼を得ていました。彼自身オープンゲイということもあって、その頃はレズビアンであることを内緒にしていたキングが後にカミング・アウトする後押しもしています。
alan-cumming-battle-of-the-sexes_01

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です