Home 海外NEWS 伝説の男vs女テニス試合を描く『Battle Of The Sexes』ビリー・ジーン・キング役に再びエマ・ストーン

伝説の男vs女テニス試合を描く『Battle Of The Sexes』ビリー・ジーン・キング役に再びエマ・ストーン

伝説の男vs女テニス試合を描く『Battle Of The Sexes』ビリー・ジーン・キング役に再びエマ・ストーン
1

battle-of-the-sexes-emma-stone-again_00男性優位主義者のベテラン男子テニス選手と、男女同権運動を行っていた有名女子テニス選手が、1973年に行った男女対抗のテニス試合の様子を描く『The Battle of The Sexes(性別を超えた戦い)』。女子テニス選手ビリー・ジーン・キング役にエマ・ストーンが再び抜擢されました。


「再び抜擢」と書いたのは、当初この企画はエマ・ストーン&スティーヴ・カレルのキャスティングでした。
伝説的な男女対抗テニス試合、エマ・ストーンとスティーブ・カレル共演で映画化!

しかしエマ・ストーンはスケジュールの都合で降板。代わりにブリー・ラーソンがキャスティングされました。
伝説の男vs女テニス試合を描く『Battle Of The Sexes』エマ・ストーンからブリー・ラーソンに

ところがエマ・ストーンのスケジュールの都合がついたため、「再び」エマが抜擢されることになったというわけです。

『The Battle of The Sexes(性別を超えた戦い)』は、1973年、男性優位主義者で有名だった55歳の男子テニス選手ボビー・リッグスが、男女同権運動を行っていた30歳の花形女子テニス選手ビリー・ジーン・キングに挑戦状を叩きつけ、3万人の観客、50万人がTV中継で見守る中、「性別を超えた戦い(The Battle of the Sexes)」と呼ばれる男女対抗のテニス試合を行います。結果はビリー・ジーン・キングが圧勝しました。

この史実はすでにTV映画化もされており、複数の会社で別々に映画化企画が進行しています。

エリザベス・バンクス&ポール・ジアマッティ共演で、伝説的なテニス試合「性別間の戦い」を描く(史実についての記述あり)

本作はダニー・ボイルがプロデューサー、監督には『ルビー・スパークス』『リトル・ミス・サンシャイン』のジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス夫婦、脚本には『ハンガー・ゲーム2』のサイモン・ボーファイ。ビリー・ジーン・キング役にエマ・ストーン、ボビー・リッグス役にスティーブ・カレルという布陣です。

Comment(1)

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です