Home 海外NEWS エマ・ストーン&スティーブ・カレル共演、男女対抗テニス試合を描く『The Battle of The Sexes(性別を超えた戦い)』劇中写真第2弾!

エマ・ストーン&スティーブ・カレル共演、男女対抗テニス試合を描く『The Battle of The Sexes(性別を超えた戦い)』劇中写真第2弾!

エマ・ストーン&スティーブ・カレル共演、男女対抗テニス試合を描く『The Battle of The Sexes(性別を超えた戦い)』劇中写真第2弾!
0

男性優位主義者のベテラン男子テニス選手と、男女同権運動の騎手である有名女子テニス選手が1973年に行ったテニスの試合を描く、エマ・ストーンとスティーブ・カレル共演『The Battle of The Sexes(性別を超えた戦い)』の新たな劇中写真が公開されました。


『The Battle of The Sexes(性別を超えた戦い)』は、1973年、男性優位主義者で有名だった55歳の男子テニス選手ボビー・リッグスが、男女同権運動の旗手だった30歳の花形女子テニス選手ビリー・ジーン・キングに挑戦状を叩きつけ、3万人の会場客、50万人がTV中継で見守る中、「性別を超えた戦い(The Battle of the Sexes)」と呼ばれる男女対抗のテニス試合を行った様子を描きます。

ボビー・リッグス役にスティーブ・カレル。ビリー・ジーン・キング役にエマ・ストーン。
その他、サラ・シルバーマン、アラン・カミング、アンドレア・ライズボロー、エリザベス・シュー、エリック・クリスチャン・オルセン、ナタリー・モラレス、ジェシカ・マクナミーらが出演。

監督には『ルビー・スパークス』『リトル・ミス・サンシャイン』のジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス、脚本には『ハンガー・ゲーム2』のサイモン・ボーファイ。

今回の映画は1973年のテニス試合がクライマックスになると思われます。
すでに歴史的に有名なことなのでネタバレという感覚もなく試合結果を書くと、試合は女性プレイヤーであるビリー・ジーン・キングが圧勝します。
「キング夫人」の愛称で伝統的な妻のイメージを持つビリー・ジーン・キングはその後女性の地位向上に務め地位を得ますが、同性愛者であることを公にしないまま女性秘書と13年間続いていた不倫が発覚。世間から叩かれ一気に人気と信頼を失落させてしまいます。これは同性愛が問題だったのではなく、性別を超えた戦いをした人が、「夫人」という性別からくるイメージを使っておきながら不倫をしていたことが問題でした。

以前、本作の劇中写真は1枚だけ公開されていて、エマ・ストーンの変身ぶりが話題になりましたが、今回の写真を見ても、やはりエマ・ストーンに目が行きます。
『The Battle of The Sexes』の全米公開は9月22日です。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です