Home 海外NEWS 『ウォールフラワー』原作者兼監督、ディズニーの『美女と野獣』実写化に参加

『ウォールフラワー』原作者兼監督、ディズニーの『美女と野獣』実写化に参加

『ウォールフラワー』原作者兼監督、ディズニーの『美女と野獣』実写化に参加
0

beauty-and-the-beast-stephen-chbosky_00『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1&2』『ドリームガールズ』のビル・コンドン監督によって進められている、ディズニーの『美女と野獣』実写企画に、『ウォールフラワー』の原作・監督・脚本のステファン・チボスキーが脚本で参加するようです。


ディズニー『美女と野獣』実写化!監督はビル・コンドン

ステファン・チボスキーは1999年、自身をモデルにしたかのような青春小説「ウォールフラワー」を出版します。これが話題になり映画化となるのですが、原作者自身が監督・脚本を担当しました。これが非常に高評価を得てヒットします。

ウォールフラワー [Blu-ray]

販売元:Happinet(SB)(D)( 2014-06-03 )

時間:103 分

1 枚組 ( Blu-ray )


ウォールフラワー (集英社文庫)

著者/訳者:スティーブン チョボスキー

出版社:集英社( 2013-11-20 )

文庫 ( 333 ページ )



今回、ビル・コンドン監督によって進められている、ディズニーによる『美女と野獣』実写企画の脚本は、ディズニーでアニメ『ヘラクレス』『ティンカー・ベルと月の石』などの脚本を担当していたエヴァン・スピリオトポウロスによって進められていましたが、ステファン・チボスキーがそれをリライトするようです。

おそらくエヴァンによって基本的な構成が組み立てられ、今後はそれを元に、ステファンによって人物像の肉付けやドラマの展開など、より具体的な脚本が作り上げていくことになるのでしょう。

YA小説家・監督が『美女と野獣』をどうアレンジするのかは非常に興味深いですし、ミュージカル映画とYA小説原作映画の両方を監督し、ヒットさせた経験のあるビル・コンドンが監督するということで、このタッグは非常に楽しみです。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です