Home 海外NEWS エマ・ワトソンの声が初お披露目。ディズニー実写版『美女と野獣』メイキング映像

エマ・ワトソンの声が初お披露目。ディズニー実写版『美女と野獣』メイキング映像

エマ・ワトソンの声が初お披露目。ディズニー実写版『美女と野獣』メイキング映像
0

ディズニーアニメ『美女と野獣』の25周年版が北米で9月6日配信、9月20日にソフト発売されます(日本発売未定)。その特典映像に全米公開2017年3月17日予定の実写版『美女と野獣』のメイキング映像が入っています。その一部が公開されました。エマ・ワトソンの話す台詞が初お目見えしています。


ベル:エマ・ワトソン、野獣:ダン・スティーブンス、ガストン:ルーク・エヴァンス、ポット夫人:エマ・トンプソン、時計の執事ゴグズワース:イアン・マッケラン、城のメイド、フェザーダスター:ググ・ンバータ=ロー、ロウソクのルミエール:ユアン・マクレガー、グランドピアノのカデンツァ:スタンリー・トゥッチ、ガストンの手下ル・フウ:ジョシュ・ギャッド、ベルの父親モーリス:ケヴィン・クラインという豪華キャストで現在制作が進んでいます。

監督に『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン パート1&2』『ドリームガールズ』ビル・コンドン。

今回公開された映像は、以前ご紹介した、ろうそくのルミエール(ユアン・マクレガー)と時計のコグスワース(イアン・マッケラン)のイメージCGの他、脚本の読み合わせ風景の映像が含まれており、そこでベル役のエマ・ワトソンと野獣役のダン・スティーブンスの台詞のかけあいが収録されています。脚本の読み合わせとはいえ、実写版の台詞は初披露です。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です