Home 海外NEWS 実写版『美女と野獣』公開日決定!キャストも続々と発表。音楽はアラン・メンケンが担当

実写版『美女と野獣』公開日決定!キャストも続々と発表。音楽はアラン・メンケンが担当

実写版『美女と野獣』公開日決定!キャストも続々と発表。音楽はアラン・メンケンが担当
0

beauty-beast-opening-day_00エマ・ワトソンがヒロインのベルを演じる、ビル・コンドン監督のディズニー実写版『美女と野獣』の全米公開日が2017年3月17日に決定しました。また、続々とキャストが公表されています。


ヒロインのベルをエマ・ワトソン、野獣をダン・スティーブンス、ガストンをルーク・エヴァンスが演じますが、さらに『ウォルト・ディズニーの約束』で『メリー・ポピンズ』原作者P.L.トラヴァースを演じたエマ・トンプソンがポット夫人、『アナと雪の女王』でオラフの声を演じたジョシュ・ギャッドがガストンの手下ル・フウ、『ワンダとダイヤと優しい奴ら』『デーブ』のケヴィン・クラインがベルの父親モーリスを演じることが発表されています。
ディズニー実写版『美女と野獣』、野獣役にダン・スティーヴンス決定!
ルーク・エヴァンズ、実写版『美女と野獣』でガストンを演じることに!

beauty-beast-opening-day_01
beauty-beast-opening-day_02
beauty-beast-opening-day_03

さらに音楽はディズニー・アニメのオリジナル版を手がけたアラン・メンケンが再び担当。アニメで有名となった曲を新録します。
また、ミュージカル版に参加していた作詞家ティム・ライス(『アラジン』『ライオン・キング』)と共に、実写版用の新曲も手がける予定です。

『ドリームガールズ』『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン』のビル・コンドン監督と、エマ・ワトソンが出演した『ウォールフラワー』原作・監督のステファン・チボスキーによる脚本。
ミュージカル面でもドラマ面でも完璧な布陣で、5月からロンドンで撮影が開始されます。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です