Home 海外NEWS 『Big Little Lies』、『わたしに会うまでの1600キロ』『ダラス・バイヤーズクラブ』ジャン=マルク・ヴァレが全7話を監督することに

『Big Little Lies』、『わたしに会うまでの1600キロ』『ダラス・バイヤーズクラブ』ジャン=マルク・ヴァレが全7話を監督することに

『Big Little Lies』、『わたしに会うまでの1600キロ』『ダラス・バイヤーズクラブ』ジャン=マルク・ヴァレが全7話を監督することに
0

リース・ウィザースプーン、ニコール・キッドマン、シェイリーン・ウッドリー共演のミニTVドラマシリーズ『Big Little Lies』を、『わたしに会うまでの1600キロ』『ダラス・バイヤーズクラブ』のジャン=マルク・ヴァレが全話監督することがわかりました。さらに他のキャスティングも豪華です。


『Big Little Lies』はオーストラリア出身のリアン・モリアーティの同名小説「Big Little Lies」を原作にしたもので、幼稚園児を子に持つ3人のママ友の友情を描くお話です。3人は幼稚園を通じて知り合いになりますが、みんなそれぞれ小さな秘密を持っています。そして彼女たちは町で起こった殺人事件に巻き込まれていきつつ、様々な問題も解決していく…というブラック・コメディのタッチです。

元々映画で企画は進められていましたが、HBOにて全7話のミニTVシリーズで制作されることになりました。
脚本は「アリー my Love」デビッド・E・ケリー。ジャン=マルク・ヴァレ監督の参加は以前発表されていましたが、今回、全話の演出を担当することがわかりました。ジャン=マルク・ヴァレ監督はTVシリーズを手掛けるのは初となります。

リース・ウィザースプーン&ニコール・キッドマン共演ミニTVドラマ『Big Little Lies』にジャン=マルク・ヴァレ監督参加

出演は、リース・ウィザースプーン、ニコール・キッドマン、シェイリーン・ウッドリーの3人のママさんたちに加えて、リースの今の旦那役にアダム・スコット、リースの元夫の新しい妻役にゾーイ・クラヴィッツ、さらにローラ・ダーンも出演します。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です