Home 海外NEWS パトリシア・ハイスミス原作、ルーニー・マーラー&ケイト・ブランシェット共演『Carol』公式予告編が2本同時公開

パトリシア・ハイスミス原作、ルーニー・マーラー&ケイト・ブランシェット共演『Carol』公式予告編が2本同時公開

パトリシア・ハイスミス原作、ルーニー・マーラー&ケイト・ブランシェット共演『Carol』公式予告編が2本同時公開
1

carol-oficial-trailers_00パトリシア・ハイスミス原作、50年代を舞台に同性愛を描くルーニー・マーラー&ケイト・ブランシェット共演『Carol』の公式となるアメリカ版、インターナショナル版の2本の予告編が公開されました。


「見知らぬ乗客」「太陽がいっぱい」の原作者として有名な女流作家パトリシア・ハイスミスが1950年代にクレア・モーガン名義で発表した同名小説が原作となる『Carol』は50年代のNYを舞台に、デパートの若い女性店員(ルーニー・マーラー)と結婚生活に行き詰まった上流階級の夫人(ケイト・ブランシェット)の同性愛を描いたお話です。

今年のカンヌを皮切りに世界の各映画祭で上映され非常に高評価を受けている作品です。それもあって、本来12月18日に設定されていた全米公開日は11月20日に繰り上げられました。アカデミー賞を狙った日程変更です。

これまで公開されたのはティーザーと言われるイメージ予告編でした。今回公開の予告編では各キャラクターの台詞もありますし、どのようなドラマか分かる構成になっています。

ケイト・ブランシェット&ルーニー・マーラーで50年代の女性同士の愛を描く『Carol』予告編

今回公開されたアメリカ版とインターナショナル版、同じような構成ながら使用カットがちょっとずつ異なります。インターナショナル版の方が長いので、その分カットも多めに収録されていますが、アメリカ版の方は印象的なカットで繋いでいるので、インパクト的にはアメリカ版の方が強いかもしれません。とにかく期待の『Carol』日本公開が待ち遠しい作品です。
アメリカ版予告編

インターナショナル版予告編

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です