Home 海外NEWS 『クルーレス』がコミックに!

『クルーレス』がコミックに!

『クルーレス』がコミックに!
0

アリシア・シルバーストーン主演、90年代キューティー映画の傑作で代表作『クルーレス』(1995)がコミックになります。全米で8月に発売予定です。


『クルーレス』は、イケてる女子高生シェール(アリシア・シルバーストーン)が、おせっかいでダサい女の子タイ(ブリタニー・マーフィ)を変身させたところ彼女は学校の人気者になり、転校してきたかっこよくてセンスのいい男の子はゲイで…という、90年代の学園生活を舞台にしたジェーン・オースティン「エマ」の現代版です。

コミック版は、映画の続編的な扱いで、シェールたちの卒業の年となる学園生活が描かれます。

今回のコミック化にあたり、「バフィー 〜恋する十字架〜」などに出演していた多彩な才能を持つ女優アンバー・ベンソンと女性コミック編集者サラ・クーンが手がけていますが、アンバー・ベンソンは当時、『クルーレス』でブリタニー・マーフィが演じたタイ役でオーディションを受けていたそうです。

出版はBoom!スタジオ。ここは『28日後…』『ジェニファーズ・ボディ』など映画のコミック化を多く手がけていますが、最近は80年代の映画作品を中心にしていて『ダーク・クリスタル』『ラビリンス』『ゴーストハンターズ』などを手がけています。
いずれもSFやファンタジー、アクション映画が中心で、キューティー映画のコミック化は今回が初となります。

Boom!スタジオは有名SF小説のコミック化や映画のコミック化の際、そのリスペクト具合、こだわりに定評のあるところです。
そんな彼女たちが『クルーレス』の世界観を大事にして、いかに90年代にティーンの間で使われていた流行り言葉をちゃんと日常用語として活用し、リアリティを出すかを苦心したようです。

今回の『クルーレス』のコミック化が成功して、今後も過去の名作キューティー映画がコミックとして蘇るのを期待したいところです。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です