Home 海外NEWS 『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』メインキャスト決定!

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』メインキャスト決定!

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』メインキャスト決定!
5

fifty-shades-of-grey-cast_00
『トワイライト』の2次創作から生まれ、大ヒットした官能小説『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の映画化。原作の売りであるSMプレイを含む過激な性描写が映画で再現されると予想されているため、そのキャスティングには一番の注目が集まっていました。
今日、主役2人の公式発表がありました。


ヒロインの女子大生アナスタシアには、ダコタ・ジョンソン。
彼女は母親にメラニー・グリフィス、父親にドン・ジョンソンを持つ2世女優。いや、母方の祖母がヒットコックの『鳥』のティッピ・ヘドレンですから3世女優でしょうか。『ソーシャル・ネットワーク』で注目されました。
その後、キューティー映画だとエミリー・ブラント&ジェイソン・シーゲル主演『憧れのウェディング・ベル』、チャニング・テイタム&ジョナ・ヒル『21ジャンプストリート』、ヴァネッサ・ハジェンズ&アレックス・ペティファー『ビーストリー』などに出演しています。

相手役、IT長者のクリスチャン・グレイに、イギリス俳優のチャーリー・ハナム。
『パシフィック・リム』の主役を演じました。

この物語は元々トワイライトの主役2人ベラとエドワードと、それを演じたクリステン・スチュワートとロバート・パティンソンの私生活の関係を使った2次創作です。アナスタシア=ベラ(クリステン・スチュワート)、クリスチャン=エドワード(ロバート・パティンソン)となります。
そう考えると、今回キャスティングされた2人はトワイライトの2人に比べて肉感的な印象です。

しかし共にモデル経験があるのと、まだお互い役者としてのイメージが付いていないので、役柄に応じて肉体改造もスタイルの変化もすることが出来ます。
事実、チャーリー・ハナムはここ最近は体育会系のマッチョなイメージですが、モデル時代は華奢な印象でした。
fifty-shades-of-grey-cast_01
同じ人物とは思えない変化ぶり…(笑)
ダコタ・ジョンソンもリップと髪で随分印象が変わりますね。
fifty-shades-of-grey-cast_02

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』は2014年8月公開予定です。

Comment(5)

  1. こんにちは、初めまして。

    ただ今ニューヨークに来ていまして、
    7日の土曜日に突然に映画の主演者インタビューあるから連れて行ってあげるよと言われて、
    それがfifty shades of grayでダコタさんとジェイミーさんを見てきちゃいました!

    泊まってるプリヴェという日本人ゲストハウスのオーナーさんが、
    アクセスハリウッドという芸能番組のテレビ局の人でインタビュー会場に入れてくれました。

    場所はマンハッタンのマンダリンホテルで、配給のスタッフさんやメイクさんやカメラマンなどいかにも業界の人たちでセレブ感満載でした。

    映画もダコタさん(軍隊みたいなツナギ着てて可愛かったです!)も全然知らなくて、
    帰ってきてからネットで検索してたらこちらのサイトを発見!
    キューティー映画か、、、いいのお~(笑)

    撮影した分がネット配信されてて、
    ああ、やっぱニューヨークってすごいところだなあと実感しました。

    明後日13日公開みたいなので、ぜひレポートお願いします!!

  2. まつまなさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    7日NYということはこの記事で紹介したファンイベントの次の日ですね。
    http://cue.ms/news/50-shades-of-series-movie/

    今、世界で一番の話題作の主演インタビューに同行出来るとはうらやましいです。

    ちなみに、このコメント欄の記事の男優さんは決定後すぐ降板しました。

    まだNYにおられるのであれば、ぜひ現地の『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の劇場の様子や、周囲の評判を教えて下さい。
    (普通の映画ファンや男性に聞いても批判しか返ってこないと思います。この映画はそういう人たちのためのものじゃないですからね(笑))

    これからもよろしくお願いします。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です