Home 海外NEWS ブロードウェイ・ミュージカル版『アナと雪の女王』のキャスト発表!

ブロードウェイ・ミュージカル版『アナと雪の女王』のキャスト発表!

ブロードウェイ・ミュージカル版『アナと雪の女王』のキャスト発表!
0

2018年春からブロードウェイでの公演が予定されているブロードウェイ・ミュージカル版『アナと雪の女王』のキャスティングが発表されました。


アナ役にパティ・ミュリン(ミュージカル版「ザナドゥ」)、エルサ役にはケイシー・レヴィ(ミュージカル版「レ・ミゼラブル」「ゴースト」)という、ミュージカルでは実力派の2人を揃えました。

ちなみにアナ役のパティ・ミュリンは「ウィキッド」で南の良い魔女グリンダを、エルサ役のケイシー・レヴィは「ウィキッド」で西の悪い魔女エルファバを演じていました。さらにエルフェバはオリジナル版の声を担当したイディナ・メンゼルの当たり役として有名です。そう考えると面白いキャスティングです。
パティ・ミュリンとケイシー・レヴィ
クリストフ役にジェラニ・アラジン、オラフ役にグレッグ・ヒルドレス、ハンス王子役にジョン・リドル。
振り付けはロブ・アッシュフォード(『サウンド・オブ・ミュージック LIVE!』監督)、演出はマイケル・グランデージ。

『アナと雪の女王』ミュージカル版、2017年夏の初演を前に舞台演出と美術が交代に
2018年春のブロードウェイ上演を前に、2017年夏からプレビュー公演の予定で準備が進められている『アナと雪の女王』ブロードウェイ・ミュージカル版。ここにきて演出と美術が交代しました。『アナと雪の女王』ブ...

6月からリハーサルが開始され、8月17日から10月1日までデンバーのビューエル・シアター(the Buell Theatre)でプレミア公演が行われます。そして2018年4月1日からニューヨークのセント・ジェームズ・シアター(St James Theater)で本公演が開始されます。

こちらはエルサ役のケイシー・レヴィが、『アナと雪の女王』主題歌「Let It Go(ありのままで)」とビートルズの「Let It Be」をマッシュアップして歌った映像です。途中おちゃらけながらもラストに向かう歌いっぷりは見事です。ミュージカル版が楽しみですね。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です