Home 海外NEWS レジーナ・ホール主演キューティー映画『Girls Trip』全米公開日決定

レジーナ・ホール主演キューティー映画『Girls Trip』全米公開日決定

レジーナ・ホール主演キューティー映画『Girls Trip』全米公開日決定
0

『最高の贈りもの』『きのうの夜は…』とキューティー映画に出演が続くレジーナ・ホール主演のキューティー映画『Girls Trip』の公開が2017年8月11日に決定しました。


『Girls Trip』は4人の幼なじみたちが、毎年ニューオリンズで行われている、黒人女性向け雑誌「Essence」主催の世界最大規模のブラック・ミュージック・イベント「エッセンス・フェスティバル」に向かいながら、互いの友情を確かめあうというお話です。

企画・製作は『魔法の恋愛書』『ベストマン シャイな花婿と壮大なる悪夢の2週間』など黒人系キューティー映画でヒットを連発しているウィル・パッカーが担当。
監督は『ベストマン』とその続編『最高の贈りもの』のマルコム・D・リー。脚本はケニア・バリス、トレーシー・オリヴァー。

この監督・脚本は北米で今年4月に公開された、アイスキューブ主演『バーバーショップ』シリーズ第3弾『Barbershop: The Next Cut』と同じチームです。

ちなみに、邦題が似ていてややこしいですが、『ベストマン(原題:The Best)』と『最高の贈りもの(原題:The Best Man Holiday)』はシリーズ作品。『ベストマン シャイな花婿と壮大なる悪夢の2週間』は原題が『The Wedding Ringer』で全く別の作品です。

近年『セックス・アンド・ザ・シティ』タイプの華やかな大人の女性が主人公のキューティー映画は黒人キャストがメインのものにシフトしていて、北米でヒットしています。しかし全世界的な興行は行われずヒットには至っていません。日本でもほとんどがソフト/VODスルーとなっています。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です