Home 海外NEWS ケビン・コスナー出演、アメリカの宇宙計画を陰で支えた黒人女性の実話の映画化『Hidden Figures』

ケビン・コスナー出演、アメリカの宇宙計画を陰で支えた黒人女性の実話の映画化『Hidden Figures』

ケビン・コスナー出演、アメリカの宇宙計画を陰で支えた黒人女性の実話の映画化『Hidden Figures』
0

ケビン・コスナーが出演する、アメリカ初の有人宇宙飛行計画「マーキュリー計画」を陰で支えた黒人女性3人を描く『Hidden Figures』をご紹介。


『Hidden Figures』の原作はマーゴット・リー・シェッタリーが今年の9月に出版予定の「Hidden Figures: The Story of the African-American Women Who Helped Win the Space Race」です。

Hidden Figures: The American Dream and the Untold Story of the Black Women Mathematicians Who Helped Win the Space Race

Hidden Figures: The American Dream and the Untold Story of the Black Women Mathematicians Who Helped Win the Space Race [Kindle本]

著者Margot Lee Shetterly

出版社William Morrow

出版日16.09.06

商品カテゴリーKindle版

ページ数373


米ソによる宇宙競争が激化していた60年代、NASAでは当時、人間による計算がまだまだ未発達のコンピューターの代わりをしていました。それに従事していた3人の黒人女性を中心に、アメリカ初の有人宇宙飛行計画「マーキュリー計画」を描くお話です。

NASAは1963年に設立されたテキサス州のジョンソン宇宙センターからスタートしていますが、当時アメリカ南部には、有色人種の一般公共施設の利用を禁止制限した「ジム・クロウ法」がありました。そのためこのお話のヒロインたちも白人から隔離されて仕事をしていました。彼女たちはNASAを陰ながら支えていたわけです。これは面白そうな題材です。

タラジ・P・ヘンソン(『トップファイブ』『魔法の恋愛書』)、オクタヴィア・スペンサー(『ダイバージェントNEO』『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』)、歌手のジャネール・モネイがメインの3人の女性を演じます。
ケビン・コスナーは打ち上げ計画の主任を演じます。

監督は『ヴィンセントが教えてくれたこと』セオドア・メルフィ。脚本は『ミーン・ガールズ2』アリソン・シュレーダー。
製作・配給のFOX2000は、2017年1月に全米公開を予定しています。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です