Home 海外NEWS クリステン・スチュワート主演『JT Leroy』にダイアン・クルーガーが出演。(クリステンの最新姿写真あり)

クリステン・スチュワート主演『JT Leroy』にダイアン・クルーガーが出演。(クリステンの最新姿写真あり)

クリステン・スチュワート主演『JT Leroy』にダイアン・クルーガーが出演。(クリステンの最新姿写真あり)
0

「12歳から女装して男娼をしていた」という自伝でセレブに持ち上げられ、後にそれがウソであるだけでなく、作者も偽物だったことが発覚して90年代に大騒ぎになったJ.T.リロイの騒動を描く、クリステン・スチュワート主演『JT Leroy』に、ダイアン・クルーガー(『マリー・アントワネットに別れをつげて』『イングロリアス・バスターズ』)が出演することがわかりました。


12歳から女装して男娼をしていた過去を自伝として発表したことで、ビリー・コーガンやガス・ヴァン・サントなど90年代の進歩系セレブたちに持ち上げられたトランスジェンダーのJ.T.リロイ。しかし2006年、実はJ.T.リロイに常に付き添っていたマネージャーの女性が創作した人物であることが暴かれ大騒ぎになります。女性作家ローラ・アルバートの分身J.T.リロイは彼女の義妹サヴァンナ・クヌーが演じていました。

クリステン・スチュワート、架空のトランスジェンダーとして騒動となったJ.T.リロイを演じることに
12歳から女装して男娼をしていたことを自伝として発表し話題となったトランスジェンダーのJ.T.リロイ。しかし彼は実は作られた人物で、実際は女性作家が自伝小説と偽って書いていました。その騒動が、クリステン...

この一連の騒動を描く『JT Leroy』は、J.T.リロイ役にクリステン・スチュワート、ローラ・アルバート役にローラ・ダーンというキャスティングです。監督:脚本をジャスティン・ケリーが担当します。
センセーショナルなウソの経歴で世間を騒がせた偽作家騒動を描く『JT Leroy』にローラ・ダーン出演か?
「12歳から女装して男娼をしていた」という自伝でセレブに持ち上げられ、後にそれがウソであるだけでなく、作者も偽物だったことが発覚して大騒ぎになったJ.T.リロイの騒動を描く、クリステン・スチュワート主演...

ダイアン・クルーガーはエヴァという名の、J.T.リロイと恋に落ちるフランス人女優を演じます。架空の人物ですが、モデルはJ.T.リロイの2作目の著作「サラ、いつわりの祈り」を映画化した女優・監督のアーシア・アルジェントのことではないかと思われます。

アーシア・アルジェントは『サラ、いつわりの祈り』映画企画中、J.T.リロイと付き合っていたというのが、ドキュメント映画『作家、本当のJ.T.リロイ』の中で語られていました。アーシア・アルジェントはJ.T.リロイがウソであることが発覚した後、怒ってビジネス的な関係を絶ちます。そういうこともあり、今回の映画では本人から許可が取れなかったのでしょう。

『JT Leroy』は7月から制作が開始されます。

あと、こちらは最近のクリステン・スチュワートです。かっこよすぎ…

ちなみにこちらは『作家、本当のJ.T.リロイ』で来日したローラ・アルバート本人へのインタビューです。彼女と腐女子について語ってみました。

"J.T.リロイ"こと「サラ、神に背いた少年」著者 ローラ・アルバート インタビュー
『作家、本当のJ.T.リロイ』は、90年代にアメリカのセレブ界を巻き込んで大騒ぎとなった、架空作家J.T.リロイ捏造事件の張本人、女性作家ローラ・アルバートのインタビューを中心に、当時の関係者の証言や資料を...

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です