Home 海外NEWS 『ピッチ・パーフェクト』シリーズ脚本家ケイ・キャノンの監督デビュー作『The Pact』

『ピッチ・パーフェクト』シリーズ脚本家ケイ・キャノンの監督デビュー作『The Pact』

『ピッチ・パーフェクト』シリーズ脚本家ケイ・キャノンの監督デビュー作『The Pact』
0

『ピッチ・パーフェクト』シリーズの脚本を手がけているケイ・キャノンがコメディ映画『The Pact』で初監督を務めることがわかりました。


『The Pact』は、プロムの夜に処女を捨てようとしている3人の娘達の貞操を守るため、彼女らの親たちが一致団結して奮闘するというお話です。

この映画は、元々は2012年に、ブライアン&ジム・キーホー兄弟が書いた『Cherries』という脚本を元に、『アメリカン・パイパイパイ!完結編 俺たちの同騒会』の監督・脚本チーム、ジョン・ハーウィッツ&ヘイデン・シュロスバーグのプロデュースで企画開発が進められていたものです。

それがセス・ローゲンの企画・制作会社も加わり、タイトルが『The Pact』となったうえで監督に初監督となる『ピッチ・パーフェクト』シリーズで人気女性脚本家となったケイ・キャノンが抜擢されました。
現在ケイ・キャノンの夫で放送作家でもあるエベン・ラッセルが脚本をリライト中です。

ケイ・キャノンは現在、2017年8月に公開が決定している、エリザベス・バンクスが再び監督を務める『ピッチ・パーフェクト3』の脚本を執筆中です。それが終了次第、こちらのプロジェクトに入る予定です。

『ピッチ・パーフェクト3』監督にエリザベス・バンクス再び!

ちなみにケイ・キャノンは『ピッチ・パーフェクト2』のオープニングで、ファット・エイミーがオバマ大統領の前でやらかした後、それを報じる朝のワイドーショーの司会者として一番最初に赤いドレスを着てカメオ出演しています。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です