Home 海外NEWS クリステン・スチュワート、第40回セザール賞 助演女優賞受賞!アメリカ人の受賞は初!

クリステン・スチュワート、第40回セザール賞 助演女優賞受賞!アメリカ人の受賞は初!

クリステン・スチュワート、第40回セザール賞 助演女優賞受賞!アメリカ人の受賞は初!
0

kristen-stewart-cesar-award_00現地時間2月20日に発表された、フランスのアカデミー賞。第40回セザール賞で、クリステン・スチュワートが助演女優賞を受賞しました。アメリカ人女優の受賞は初の快挙です!


クリステン・スチュワートは、2014年のカンヌ映画祭でプレミア上映されたオリヴィエ・アサヤス監督作『Clouds Of Sils Maria』で、ジュリエット・ビノシュ演じる大女優のアシスタント役を好演。その演技が評価されました。

『Clouds Of Sils Maria』は、20年前、ボスの女性を誘惑し自殺に追い込むヒロインの少女役を劇で演じて有名になった往年の名女優(ジュリエット・ビノシュ)が、その劇が再演されることになり今度は殺されるボスの女性役をオファーされます。
一方その少女役を演じることになったのは、今どきのハリウッドスター(クロエ・モレッツ)。
リハーサルのため、名女優はアシスタント(クリステン・スチュワート)と一緒に、アルプスの麓にある村シルス‐マリアを訪れます。そこで名女優は演ずる役やアシスタントとの交流を通じて自分自身を見つめなおすことになる…というお話です。
J・ビノシュ、K・スチュワート、C・モレッツ共演『Clouds Of Sils Maria』の予告編第2弾はクリステン中心に

『Clouds Of Sils Maria』はフランスの映画賞、2014年ルイ・デリュック賞にも選ばれています。
フランスの映画賞、2014年ルイ・デリュック賞にクリステン・スチュワート、クロエ・モレッツ出演『Clouds Of Sils Maria』

クリステンは当初クロエ・モレッツが演じた今どきのハリウッドスターでオファーされましたが、映画の重要な一端を担うアシスタント役を希望したという経緯があります。

クリステンは本作といい、主演のジュリアン・ムーアが今年のアカデミー主演女優賞最有力候補となっている『Still Alice』といい、実に素晴らしいサポート役を演じています。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です