Home 海外NEWS クリステン・スチュワート、『シルス・マリア』オリヴィエ・アサイヤス監督と再びタッグ

クリステン・スチュワート、『シルス・マリア』オリヴィエ・アサイヤス監督と再びタッグ

クリステン・スチュワート、『シルス・マリア』オリヴィエ・アサイヤス監督と再びタッグ
0

オリヴィエ・アサイヤス監督の『シルス・マリア』でアメリカ人女優として初のセザール賞助演女優賞に輝いたクリステン・スチュワートが、オリヴィエ監督の新作『Personal Shopper』で再びタッグを組みます。


『シルス・マリア(原題:Clouds Of Sils Maria、Sils Maria)』は去年のカンヌ映画祭でプレミア上映されました。
日本でも今年秋に公開が決まっています。

主演のジュリエット・ビノシュがベテラン女優役、若手女優役にクロエ・グレース・モレッツ。クリステン・スチュワートはベテラン女優のマネージャー役でした。
J・ビノシュ、K・スチュワート、C・モレッツ共演『Clouds Of Sils Maria』の予告編第2弾はクリステン中心に

『シルス・マリア』は2014年ルイ・デリュック賞を受賞、さらにクリステン・スチュワートがアメリカ人女優としては初のセザール賞助演女優賞を受賞しています。
フランスの映画賞、2014年ルイ・デリュック賞にクリステン・スチュワート、クロエ・モレッツ出演『Clouds Of Sils Maria』

そんなオリヴィエ・アサイヤス監督が次回作で再びクリステンと組みます。
新作『Personal Shopper』はフランスのファッション業界を舞台にしたゴーストものとのこと。
監督自ら執筆する脚本は英語劇でクリステンは今回主役ですが、ファンタジー要素のある内容で、どういう役になるのか気になります。

撮影は2015年終わりにパリでスタートする予定です。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です