Home 海外NEWS 『ラ・ラ・ランド』サントラ収録曲&ライアン・ゴズリング&エマ・ストーンのデュエット曲公開

『ラ・ラ・ランド』サントラ収録曲&ライアン・ゴズリング&エマ・ストーンのデュエット曲公開

『ラ・ラ・ランド』サントラ収録曲&ライアン・ゴズリング&エマ・ストーンのデュエット曲公開
0

エマ・ストーン&ライアン・ゴズリング共演、『セッション』デイミアン・チャゼル監督の期待のミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』のサントラ収録曲が判明しました。その中からライアン・ゴズリングとエマ・ストーンがデュエットする曲が公開されました。


現代のLAを舞台に、女優の卵とジャズピアニストの恋をミュージカルで描く『ラ・ラ・ランド』。内容も音楽も完全オリジナルです。

楽曲は『セッション』ジャスティン・ハーウィッツと、ミュージカル界の売れっ子若手作曲チーム、TVドラマ「SMASH」も担当していたベンジ・パセクとジャスティン・ポールが担当しています。彼らは今回映画音楽は初となります。

収録曲は以下の通り。
1. Another Day Of Sun (La La LandCast)
2. Someone in the Crowd (Emma Stone, Callie Hernandez, Sonoya Mizuno, Jessica Rothe)
3. Mia & Sebastian’s Theme (Justin Hurwitz)
4. A Lovely Night (Ryan Gosling, Emma Stone)
5. Herman’s Habit (Justin Hurwitz)
6. City of Stars (Ryan Gosling)
7. Planetarium (Justin Hurwitz)
8. Summer Montage / Madeline” (Justin Hurwitz)
9. City of Stars (Ryan Gosling, Emma Stone)
10. Start A Fire (John Legend)
11. Engagement Party (Justin Hurwitz)
12. Audition (The Fools Who Dream) (Emma Stone)
13. Epilogue (Justin Hurwitz)
14. The End (Justin Hurtwitz)
15. City of Stars (Humming) (Justin Hurwitz featuring Emma Stone)

この中から、予告編でも一部が使われていた、9曲目、ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンがデュエットする「City of Stars」が公開されています。
通常、ミュージカル映画のサントラ音源は、スタジオで収録したもので、効果音や台詞などが入った本編で使用したものとは若干異なる場合が多いのですが、今回聞けるのは劇中音源のようです。サントラも同様の形式で収録でしょうか?

サントラの発売はitunesなどで12月9日、全米で限定公開が開始された1週間後、さらに拡大公開の1週間前の発売となります。
日本公開は2月24日です。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です