Home 海外NEWS レスリー・マン主演、『ハングオーバー』シリーズの脚本コンビによるキューティー映画企画始動

レスリー・マン主演、『ハングオーバー』シリーズの脚本コンビによるキューティー映画企画始動

レスリー・マン主演、『ハングオーバー』シリーズの脚本コンビによるキューティー映画企画始動
0

leslie-mann-headline-movie_00『ハングオーバー』シリーズの脚本コンビによる、レスリー・マン主演のキューティー映画が企画されています。


レスリー・マンは日本では夫、ジャド・アパトー監督作『40歳からの家族ケーカク』や『セブンティーン・アゲイン』で見ることが出来ますが、去年の春アメリカで大ヒットした日本未公開のキャメロン・ディアス、ケイト・アプトン共演『The Other Woman』でメインを演じています。

キャメロン・ディアスの『The Other Woman』公開開始、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』を抑えて1位に!

監督・脚本は『ハングオーバー』シリーズ、『フォー・クリスマス』『ゴースト・オブ・ガールフレンズ・パスト』などを手がけてきたジョン・ルーカス&スコット・ムーアのコンビ。コメディを得意とする脚本チームですから、楽しいキューティー映画になりそうです。
彼らは『21オーバー 最初の二日酔い』で脚本だけではな監督も担当しました。彼らの監督作は本企画が2作目となります。

21オーバー 最初の二日酔い [DVD]

販売元:東宝( 2013-09-20 )

時間:92 分

1 枚組 ( DVD )


企画にはジャド・アパトーの製作会社も参加しています。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です