Home 海外NEWS 倪妮(ニーニー)&エイドリアン・ブロディ共演のキューティー映画『Manhattan Love Story』

倪妮(ニーニー)&エイドリアン・ブロディ共演のキューティー映画『Manhattan Love Story』

倪妮(ニーニー)&エイドリアン・ブロディ共演のキューティー映画『Manhattan Love Story』
0

manhattan-love-story-nini-adrien_00エイドリアン・ブロディと倪妮(ニーニー)が共演するキューティー映画『Manhattan Love Story』は、中国の映画製作会社による、米中でのヒットを狙った企画です。


『Manhattan Love Story』は中国人女性とイタリア人男性が、現代のNYマンハッタンで出会い、互いの国の習慣に戸惑いつつ、恋に落ちるというお話です。それをコミカルにキューティー映画で描きます。

2014年中国映画週間で上映された『息もできないほど(我想和你好好的)』でヒロインを演じた倪妮(ニーニー)と、『戦場のピアニスト』でアカデミー男優賞を受賞し、最近では『グランド・ブダペスト・ホテル』『サード・パーソン』に出演していたエイドリアン・ブロディが共演します。
エイドリアン・ブロディは製作・脚本も兼ねます。

監督は『最後の恋のはじめ方』『バウンティ・ハンター』アンディ・テナント、脚本はエイドリアン・ブロディと『エバー・アフター』リック・パークス。

この企画、アメリカと中国での成功を狙った企画です。
まずキャスティング。
エイドリアン・ブロディは今年2月に公開され中国で大ヒットしたジャッキー・チェン主演『Dragon Blade(天将雄師)』に出演していて中国でも知名度はあります。

倪妮(ニーニー)は大陸系女優として中国で人気が高く数多くのキューティー映画に主演。最新作は8月公開『ブライダル・ウォーズ』のリメイク作です。
ケイト・ハドソン&アン・ハサウェイ共演作『ブライダル・ウォーズ』が中国でリメイク決定

そして企画。米中でヒットを狙う中国映画製作会社の企画が、キューティー映画というのはビジネス的にも興味深いです。
中国では近年キューティー映画が興行収益の上位に来ることが多く、さらに中国で作ったキューティー映画をアメリカの映画館で上映したりしています。
キューティー映画の物語のフォーマットは全世界共通。そしてメインキャストをちゃんと考えれば低予算で製作できます。実は世界進出する際にとても有効なジャンルなんです。今回の企画もそういうことが色々計算されてた結果となっています。

『Manhattan Love Story』は製作費1500万ドルで、来月からNYで撮影が開始されます。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です