Home 海外NEWS イラクで爆弾除去に活躍した女性兵士と軍用犬の交流を描く、ケイト・マーラー主演『Megan Leavey』

イラクで爆弾除去に活躍した女性兵士と軍用犬の交流を描く、ケイト・マーラー主演『Megan Leavey』

イラクで爆弾除去に活躍した女性兵士と軍用犬の交流を描く、ケイト・マーラー主演『Megan Leavey』
0

ケイト・マーラー主演、イラク戦争で女性兵士と共に活躍した軍用犬との交流を描く実話『Megan Leavey』の全米公開日が決定しました。


『Megan Leavey』はイラク戦争中、爆弾処理のためにコンビを組んで活躍していたミーガン・レヴィー海兵隊伍長と軍用犬レックスの交流のお話です。
彼女たちは100回以上爆弾を発見し惨事を未然に防いで来ましたが、2006年に爆弾で共に負傷してしまいます。ミーガン・レビィーは名誉負傷勲章を受章して退役。レックスはその後現役復帰します。その5年後老衰となったレックスは軍によって安楽死させようとしましたが、それをミーガン・レビィーが反対しレックスを引き取り、レックスが2012年に11歳で亡くなるまで共に過ごしました。

こちらが実際のミーガン・レヴィーとレックスです。



ミーガン・レビィー役にケイト・マーラー。そのほかにイーディ・ファルコ、ラモン・ロドリゲス、ブラッドリー・ウィットフォード、コモンらが出演。

監督はガブリエラ・カウパースウェイト。彼女の前作はドキュメント映画『ブラックフィッシュ:「殺人シャチ」と呼ばれた黒き悲しき生物』です。動物のドキュメントを撮ったことで今回の作品につながったということでしょうか?


脚本は『ミュージック・オブ・ハート』パメラ・グレイ、『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』の共同脚本を担当し女優でもあるアニー・マモロー、ティム・ラブステット。

全米公開は6月9日です。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です