Home 海外NEWS ジーナ・ロドリゲス、メキシコ産バイオレンス映画『MISS BALA/銃弾』のリメイク企画で主演

ジーナ・ロドリゲス、メキシコ産バイオレンス映画『MISS BALA/銃弾』のリメイク企画で主演

ジーナ・ロドリゲス、メキシコ産バイオレンス映画『MISS BALA/銃弾』のリメイク企画で主演
0

ミスコンに優勝して華やかな生活を夢見る23歳のヒロインが、あっという間に麻薬戦争に取り込まれてしまうメキシコ産バイオレンス映画『MISS BALA/銃弾』のリメイク企画で、主演をジーナ・ロドリゲス(「ジェーン・ザ・ヴァージン」)が務めることになりました。


オリジナル版『MISS BALA/銃弾』は、メキシコでミスコン出場を夢見ていた23歳のヒロインが、夜のクラブで犯罪現場に遭遇。それがきっかけに脅され麻薬組織の一員として犯罪に加担することになってしまう…というお話です。

2011年カンヌ国際映画祭 ある視点部門出品作、アカデミー賞外国語映画賞メキシコ代表、ゴヤ賞外国作品部門・メキシコ代表…など、メキシコの今を訴える映画として世界各地で話題になりました。日本では2011年に開催された第8回ラテン・ビート映画祭にて『MISS BALA/銃弾』という邦題で上映されています。

リメイク版の監督には『トワイライト〜初恋〜』『赤ずきん』『マイ・ベスト・フレンド』のキャサリン・ハードウィック。脚本はギャレス・ダネット=アルコサー。

メキシコ映画『MISS BALA/銃弾』リメイク企画で監督にキャサリン・ハードウィック
ミスコンに優勝して華やかな生活を夢見る23歳のヒロインが、あっという間に麻薬戦争に取り込まれてしまうメキシコ産バイオレンス映画『MISS BALA/銃弾』のリメイク企画の監督に『マイ・ベスト・フレンド』『トワ...

今回のリメイク版ではメキシコのティフアナで行方不明になった友人を探すヒロインが、犯罪組織のカリスマボスと出会い、CIAや麻薬取締局などと三つ巴の争いの中、どんどん深みにはまるというストーリーになるようで、この映画のキービジュアルであった「ミスコン姿のヒロインと過激な犯罪」が消えてしまったようです。

リメイク版のカリスマ・ボスをイスマエル・クルス・コルドバ(『ブライド・ウエポン』)が演じます。

ジーナ・ロドリゲスはこの企画の当初から名前があがっていました。下の写真のようなイメージの彼女が見たいです。かっこいいですね。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です