Home 海外NEWS メキシコ映画『MISS BALA/銃弾』リメイク企画で監督にキャサリン・ハードウィック

メキシコ映画『MISS BALA/銃弾』リメイク企画で監督にキャサリン・ハードウィック

メキシコ映画『MISS BALA/銃弾』リメイク企画で監督にキャサリン・ハードウィック
0

ミスコンに優勝して華やかな生活を夢見る23歳のヒロインが、あっという間に麻薬戦争に取り込まれてしまうメキシコ産バイオレンス映画『MISS BALA/銃弾』のリメイク企画の監督に『マイ・ベスト・フレンド』『トワイライト〜初恋〜』キャサリン・ハードウィックが選ばれました。また主演候補にジーナ・ロドリゲス(「ジェーン・ザ・ヴァージン」)の名があがっています。


『MISS BALA/銃弾』は、メキシコでミスコンを夢見ていた23歳のヒロインが、夜のクラブで犯罪現場に遭遇。それがきっかけに脅され麻薬組織の一員として犯罪に加担することになってしまう…というお話です。

2011年カンヌ国際映画祭 ある視点部門出品作、アカデミー賞外国語映画賞メキシコ代表、ゴヤ賞外国作品部門・メキシコ代表…など、メキシコの今を訴える映画として世界各地で話題になりました。
日本では2011年に開催された第8回ラテン・ビート映画祭にて『MISS BALA/銃弾』という邦題で上映されています。

『MISS BALA/銃弾』のリメイク企画はソニー・ピクチャーズが進めていたものです。

ミスコン出場を夢見る女性が麻薬戦争に巻き込まれていくメキシコ映画『MISS BALA/銃弾』リメイク
メキシコで、ミスコンに出場し優勝して華やかな生活を夢見る23歳のヒロインが犯罪に巻き込まれ、あっという間に麻薬戦争に取り込まれてしまう、メキシコ産バイオレンス・スリラー『MISS BALA/銃弾』が米ソニー・...

今回監督に選ばれたキャサリン・ハードウィックは、『トワイライト〜初恋〜』『赤ずきん』を観る限りアクション系より人物のリアリティある心情描写が得意な印象です。個人的には『マイ・ベスト・フレンド』がこれまでの彼女の作品の中でも角が取れた感があって、優しい感じがとっても素晴らしかったので、またハードな路線に戻るのはちょっと残念です。

一方、主演にはジーナ・ロドリゲスの名前があがっていますが、まだ交渉段階前で単なる噂にすぎません。しかしコミカルでハートフルな「ジェーン・ザ・ヴァージン」とは打って変わってハードな役を演じる彼女も見てみたい気もします。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です