Home 海外NEWS レイチェル・ブルーム&アダム・パリー共演、高校時代の栄光にすがる男のコメディ『Most Likely to Murder』

レイチェル・ブルーム&アダム・パリー共演、高校時代の栄光にすがる男のコメディ『Most Likely to Murder』

レイチェル・ブルーム&アダム・パリー共演、高校時代の栄光にすがる男のコメディ『Most Likely to Murder』
0

人気コメディ・ミュージカルドラマ「クレイジー・エックス・ガールフレンド」のレイチェル・ブルームとアダム・パリーが共演する、高校の栄光にしがみついた男が憧れの女性に振り向いてもらうため殺人事件を立証しようとする、ブラックなコメディ映画『Most Likely to Murder』が制作されます。


『Most Likely to Murder』は、昔は人気者だった男性ビル(アダム・パリー)が主人公。ビルはすっかり落ちぶれて10年ぶりに故郷に戻ってきます。高校時代の憧れの女の子(レイチェル・ブルーム)が、昔は落ちこぼれだった男性と付き合っているのが気に入りません。ある日、その男性の母親が謎の死を遂げていることを知ったビルは、憧れの女性に振り向いてもらうため、なんとかその男性が母親を殺したことを証明しようとする…というお話です。

監督・脚本はレイチェルの夫でTV界の脚本、プロデュースで活躍している(「クレイジー・エックス・ガールフレンド」にもプロデュース、脚本で参加)ダン・グレガー。共同脚本にダグ・マンド。
レイチェル・ブルームとダン・グレガーの夫婦はプロデューサーとしても参加します。

製作するライオンズゲートは、ここ最近ユーチューバーなどデジタル系で人気がある人たちとファースト・ルック契約(開発費の資金を提供する代わりに、開発された企画を最初に見て出資判断をする契約。)を交わしていて低予算の映画を製作しています。
これまで、こういうビジネスは若者向けでしたが、最近はネットフリックスやHuluなどの配信ビジネスが活況ということもあり30代以上の女性をターゲットにしているようです。
「クレイジー・エックス・ガールフレンド」は人気も評判も高く、そのクリエーターを迎えることはライオンズゲートの今の戦略にはぴったりですが、売れっ子のレイチェル・ブルームがメインではなく、男性主人公のコメディという本作がどう評価されるか注目です。

撮影は3月からニューヨークでスタートします。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です