Home 海外NEWS 今年25周年となるMTVムービー・アワードが「MTVムービー&テレビ・アワード」に

今年25周年となるMTVムービー・アワードが「MTVムービー&テレビ・アワード」に

今年25周年となるMTVムービー・アワードが「MTVムービー&テレビ・アワード」に
0

1992年以来続いてきたファン投票による映画賞「MTVムービー・アワード」が、今年から「MTVムービー&テレビ・アワード(MTV Movie and TV Awards)」となり、テレビドラマも賞の対象となります。また、当日のイベントもフェスティバル化するようです。


「MTVムービー・アワード」一般の視聴者投票によって各賞が決まるため、ヒット作・話題作が受賞することが多く、また他では見られない独自な賞「ベスト・キス」「ベスト・ファイト」などもあり、他の映画賞では無視されがちなキューティー映画関係も多くノミネート・受賞しています。

今年は5月7日に開催されますが、25周年となる今年から名称を「MTVムービー&テレビ・アワード(MTV Movie and TV Awards)」と改め、テレビドラマも賞の対象となります。

近年ネット配信の影響もあり、映画の有名スタッフや出演者たちの多くがドラマに関わるようになっています。またネット中心の若者の間で話題となる大型ドラマも増え、既存のテレビ局も生放送ミュージカル映画など映画と匹敵する尺の長さと予算の作品を多く作るようになっています。
インディペンデント映画は、アメリカでは限定公開と配信が当たり前となり、諸外国には映画として配給するのではなく、ネットフリックスなどでオリジナル番組として配信されています。ネット配信会社が映画を製作・配給することも増えてきました。

この流れはもはや現象ではなく次世代の流れです。そういう意味では、流行に敏感な若者を中心としたMTVアワードは映画賞だけでは対応していけなくなったわけです。

また、発表当日もただ見るだけではなく参加型イベントに変化しています。今年は会場となるロサンゼルスのシュライン・オーディトリアムの周辺の駐車場を開放し、フードコーナーなど野外フェスティバルを展開。また発表もライブ・パフォーマンスやスペシャルゲストの登場など嗜好を凝らしたものになり、参加者は1日中楽しめるようになるようです。
これも、近年の参加型イベント(ライブ)の好調を反映したものです。

25周年で大きく変革の舵を取ったMTVムービー&テレビ・アワードに、その結果を含めて注目です。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です