Home 海外NEWS ゴールディ・ホーン&カート・ラッセル『潮風のいたずら』リメイクはアンナ・ファリス&エウヘニオ・デルベスで男女関係が逆転

ゴールディ・ホーン&カート・ラッセル『潮風のいたずら』リメイクはアンナ・ファリス&エウヘニオ・デルベスで男女関係が逆転

ゴールディ・ホーン&カート・ラッセル『潮風のいたずら』リメイクはアンナ・ファリス&エウヘニオ・デルベスで男女関係が逆転
0

1987年公開(日本公開1988年)ゴールディ・ホーンとカート・ラッセル共演、ゲーリー・マーシャル監督作『潮風のいたずら』のリメイク企画でアンナ・ファリス(『キューティ・バニー』)がヒロインを演じることがわかりました。共演はラテン映画の人気俳優エウヘニオ・デルベスです。


『潮風のいたずら』のオリジナル版は、船から転落して記憶喪失になったケチで高慢ちきな金持ち夫人(ゴールディ・ホーン)を、彼女をよく思っていない大工(カート・ラッセル)が自分が夫だと嘘をついて家政婦としてこき使い、子供の世話や家のことをさせるものの、元々そういうことをやったことがない夫人は失敗ばかり。しかしやがて彼女はこの偽家族を愛するようになり…というキューティー映画です。
監督は『プリティ・ウーマン』などキューティー映画の巨匠ゲイリー・マーシャル。

リメイクでは、プレイボーイの金持ちラテン男(エウヘニオ・デルベス)がヨットから転落して記憶喪失となり、労働階級層でシングルマザーのヒロイン(アンナ・ファリス)に拾われて夫になる、という風にオリジナルの男女関係を逆転させます。

監督にTVドラマ「ママと恋に落ちるまで」ロブ・グリーンバーグと『なんちゃって家族』『ウエディング・クラッシャーズ』ボブ・フィッシャーが共同で監督・脚本を担当。

『潮風のいたずら』リメイク企画の監督と脚本が決まる
1987年公開(日本公開1988年)ゴールディ・ホーンとカート・ラッセル共演、ゲーリー・マーシャル監督作『潮風のいたずら』のリメイク企画がMGMで進められていましたが監督と脚本が決定したようです。『潮風のいた...

撮影は5月からカナダで開始される予定です。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です