Home 海外NEWS 『きっと、星のせいじゃない。』と同じ原作者、製作チームによる『Paper Towns』ポスター公開

『きっと、星のせいじゃない。』と同じ原作者、製作チームによる『Paper Towns』ポスター公開

『きっと、星のせいじゃない。』と同じ原作者、製作チームによる『Paper Towns』ポスター公開
0

Warning: file_get_contents(http://ecs.amazonaws.jp/onca/xml?AWSAccessKeyId=AKIAI53NBNJKIW2UAAVQ&AssociateTag=cue00-22&IdType=ASIN&ItemId=4001164027&Operation=ItemLookup&ResponseGroup=Medium%2COffers%2CImages%2CReviews&Service=AWSECommerceService&Timestamp=2017-05-26T14%3A55%3A42Z&Version=2011-08-01&Signature=%2BTEaSAUFTHPrILBRNhpg21DiV2ijXtsT%2Fm2zGvhj76s%3D): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Unavailable in /home/onebilling/cue.ms/public_html/wp-content/plugins/wp-hamazon/includes/wp-hamazon-service-amazon.php on line 204

paper-town-poster_00『きっと、星のせいじゃない。』の大ヒットで他の著作のほとんどが映画化企画となっている原作者ジョン・グリーン。その原作映画化第2弾『Paper Towns』のポスターが公開されました。

大ヒット作『The Fault in Our Stars(原作邦題:さよならを待つふたりのために)』原作者の小説がまたもや映画化

ジョン・グリーン原作YA小説の映画化『Paper Towns』のヒロインに英モデル出身のカーラ・デルヴィーニュ

原作の「ペーパータウン」は、ジョン・グリーンが2008年に出版した、学校の人気者でみんなの憧れの女の子が失踪し、行方を探すことになる、隣に住んでいる幼なじみのモテナイ男子のお話です。

学園の人気者の彼女とは不釣り合いな彼は、遠くから隣の憧れの女の子を見ているだけでしたが、ある夜、突然彼女が家に来て彼を外に連れ出します。そして一晩引っ張り回したあげく、彼女は次の日突然姿を消します。
彼女が残していったヒントを手がかりにその行方を探しますが、彼は「もしかして彼女は自分に死体を探してくれと言ってるんじゃないか?」という不安を抱えながら探すことになります。そしてその過程で見えてくる本当の彼女の姿…という、サスペンス青春小説とでも言うべきひねりの効いた物語展開です。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

「僕」を演じるのはナット・ウルフ。『きっと、星のせいじゃない。』で主人公カップルの盲目の友人を演じていました。
ヒロインには今回キャスティングされたのはイギリスのモデル出身カーラ・デルヴィーニュ。
paper-town-poster_01若手キャストによる集合写真です
監督は『素敵な相棒 フランクじいさんとロボットヘルパー』のジェイク・シュライアー。脚本は『(500)日のサマー』のスコット・ノイスタッター&マイケル・H・ウェバーコンビ。製作陣を含めて『きっと、星のせいじゃない。』チームによる、ジョン・グリーン原作映画第2弾です。
2015年7月24日、当初の予定から1週間繰り上がっての公開です。

そして今回公開されたポスターです。
paper-town-poster_02

このポスターを見た人の多くは、すぐにこれを思い浮かべたのではないでしょうか?(笑)

paper-town-poster_03

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です