Home 海外NEWS 『きっと、星のせいじゃない。』原作者のYA小説映画化第2弾『Paper Towns』予告編公開

『きっと、星のせいじゃない。』原作者のYA小説映画化第2弾『Paper Towns』予告編公開

『きっと、星のせいじゃない。』原作者のYA小説映画化第2弾『Paper Towns』予告編公開
0

paper-towns-1st-trailer_00『きっと、星のせいじゃない。』原作者ジョン・グリーンのYA小説の映画化第2弾『Paper Towns』の予告編が公開されました。主演はナット・ウルフ。ヒロイン役をイギリスのモデル出身カーラ・デルヴィーニュが演じます。


『きっと、星のせいじゃない。』と同じ原作者、製作チームによる『Paper Towns』ポスター公開

『きっと、星のせいじゃない。』の大ヒットで一躍注目されている作家、ジョン・グリーンが2008年に出版した同名YA小説を原作とする本作は、学校の人気者の女の子が失踪し、その行方を探すことになる隣に住む幼なじみのモテナイ男子のお話です。

学園の人気者のマーゴ(カーラ・デルヴィーニュ)とは幼なじみでお隣さんのクエンティン(ナット・ウルフ)は学校では目立たない存在。憧れのマーゴとは交流はなくただ見ているだけでしたが、ある夜突然マーゴが家に来て彼を外に連れ出します。そして一晩クエンティンは憧れのマーゴと行動を共にし楽しい時を過ごします。
そして次の日、マーゴは突然姿を消します。
彼女が残していったヒントを手がかりに、クエンティンは友達たちとマーゴの行方を探しことに。その過程で彼女の本当の姿がわかってくる…というお話です。

監督は『素敵な相棒 フランクじいさんとロボットヘルパー』のジェイク・シュライアー。脚本は『(500)日のサマー』のスコット・ノイスタッター&マイケル・H・ウェバーコンビ。製作陣を含めて『きっと、星のせいじゃない。』チームによる、ジョン・グリーン原作映画第2弾となります。
全米公開は2015年7月24日です。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です