Home 海外NEWS ニコール・キッドマンが17年ぶりに舞台で主演を務めた「Photograph 51」映画化か?

ニコール・キッドマンが17年ぶりに舞台で主演を務めた「Photograph 51」映画化か?

ニコール・キッドマンが17年ぶりに舞台で主演を務めた「Photograph 51」映画化か?
0

ニコール・キッドマンが17年ぶりにロンドンの舞台に立ち主演を務めて話題になった、DNAの二重らせん構造の解析に貢献した女性研究者の半生を描く舞台劇「Photograph 51」が、著名な舞台演出家で最近映画監督デビューしたマイケル・グランデージによって映画化企画が立ち上がっています。


「Photograph 51」は1950年代にDNAの二重らせん構造を、X線回析写真“フォトグラフ51”に収めて世紀の発見をした女性研究者ロザリンド・フランクリンの半生を描いた舞台劇です。

ロザリンド・フランクリンは1953年にDNAの二重らせん構造の解明につながるX線回折写真を撮影することに成功しました。その時の写真を「Photograph 51」と呼び、それが舞台のタイトルとなっています。しかしこの業績は男性研究者たちのものとされ、その研究者たちはノーベル賞を受賞、彼女は失意の中38歳という若さで癌で亡くなりました。

そのロザリンドをニコール・キッドマンが演じる舞台劇「Photograph 51」が去年2015年秋にロンドンで上演されました。ニコール・キッドマンの舞台出演は実に17年ぶり。舞台は話題となりブロードウェイでの上演も検討されています。

その舞台劇を、有名な舞台演出家で、2月にベルリン国際映画祭でプレミア上映されるアメリカの作家トーマス・ウルフを描く『Genius』で初の映画監督を務めたマイケル・グランデージが、次回作として映画化を検討中とのことです。もちろん主演はニコール・キッドマンで、彼女もこの映画化企画には積極的とのこと。
今後、「Photograph 51」はブロードウェイ進出と映画化の展開が同時に進められることになりそうです。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です