Home 海外NEWS レイチェル・マクアダムス、コメディ映画でジェイソン・ベイトマンと共演

レイチェル・マクアダムス、コメディ映画でジェイソン・ベイトマンと共演

レイチェル・マクアダムス、コメディ映画でジェイソン・ベイトマンと共演
0

レイチェル・マクアダムスが、ジェイソン・ベイトマン主演で企画が進められているコメディ映画『Game Night』に主演の1人として出演するようです。


『Game Night』はカップルたちを集めて定期的に行われていた夜の催し物の場で殺人事件が起こってしまい、予想を覆す展開になっていく…というコメディ映画です。

2013年頃に『ハービー/機械じかけのキューピッド』原案マーク・ペレズと『ワタシが私を見つけるまで』『キューティ・コップ』の女流脚本家ディナ・フォックスによって書かれた脚本を、現在『モンスター上司』シリーズの原案、『お!バカんす家族』の監督・脚本をつとめたジョナサン・ゴールドスタインとジョン・フランシス・デイリーのコンビが手直ししています。彼らは本作の監督も務めます。
このコンビは今度全米で8月11日に公開される『スパイダーマン:ホームカミング』の脚本にも参加しています。

これまで、さほど進展がなく企画開発が停滞していましたが、レイチェル・マクアダムスがヒロインとなったことで一気に企画の実現化に動き出しそうです。ジェイソン・ベイトマンは本作でプロデューサーとしても参加。去年末に公開しヒットした『Office Christmas Party』といい、この手のコメディ映画を積極的に企画・製作しています。

レイチェル・マクアダムスのコメディ系キューティー映画の出演は2010年の『恋とニュースのつくり方』以来です。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です