Home 海外NEWS リース・ウィザースプーン製作のキューティー映画、主演にエイミー・シューマー

リース・ウィザースプーン製作のキューティー映画、主演にエイミー・シューマー

リース・ウィザースプーン製作のキューティー映画、主演にエイミー・シューマー
0

reese-witherspoon-amy-schumer_00リース・ウィザースプーンの製作会社で企画・開発中のキューティー映画『Who Invited Her?』で、ヒロインをコメディアンヌのエイミー・シューマーが演じることになりそうです。


『Who Invited Her?』は、男友達のバチュラー・パーティーに加わった女性を描くコメディです。

普通、結婚を前に馬鹿騒ぎをする「バチュラー・パーティ」は新郎側の男性のみで行うものです。そこに女性が加わったら?というのがこのコメディのポイントです。さらにエイミー・シューマーのようなタイプの女性が加わるだけで男性陣にとってはありがた迷惑でしょうから、本作のヒロインにはもってこいです。
ちなみに新婦側、女性のみの婚前パーティーは近年「バチェロレッテ・パーティー」と呼びます。

サッシャ・ロスチャイルドの原案をジョン・フィリップスが脚本として仕上げています。企画自体は2011年から進められていました。

リース・ウィザースプーンが製作に関わった作品では、『わたしに会うまでの1600キロ』『ペネロピ』のように自身が出演するものと、『ゴーン・ガール』のように製作に徹する場合がありますが、今回は後者のようです。

エイミー・シューマーはゴールディ・ホーンと共演の母娘コメディが準備中のほか、親友ジェニファー・ローレンスと一緒に脚本を書き、姉妹役を演じると言われているキューティー映画も企画開発中です。

ゴールディ・ホーン、エイミー・シューマーと母娘コメディで15年ぶりに映画出演か?
ジェニファー・ローレンス、エイミー・シューマーとキューティー映画の脚本を共作中

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です