Home 海外NEWS ロザムンド・パイク、眼帯の女性戦場ジャーナリスト、メリー・コルビンの伝記映画で主演

ロザムンド・パイク、眼帯の女性戦場ジャーナリスト、メリー・コルビンの伝記映画で主演

ロザムンド・パイク、眼帯の女性戦場ジャーナリスト、メリー・コルビンの伝記映画で主演
0

片目を失明しPTSDを患いながらも世界各地の紛争をレポートし続けた女性ジャーナリスト、メリー・コルビンの伝記映画、ロザムンド・パイク(『ゴーン・ガール』)がメリー・コルビンを演じます。


メリー・コルビンはアメリカ人ジャーナリストとして数々の紛争地域を取材。2001年のスリランカ内戦の取材時に手榴弾の破片で左目を失いPTSDに。しかし彼女はあえて紛争地域に向かい取材を続けることでPTSDを克服していきます。左目の失明後付けるようになったアイパッチは彼女のトレードマークとなっていました。
そして2012年にシリア紛争を取材中、シリア反体制派の拠点があるホムス地区で外国人記者たちの待機所が砲撃を受け、逃げるために靴を取りに行った彼女は砲撃で崩壊した建物の下敷きとなって死亡しました。

監督はドキュメント映画『カルテル・ランド』マシュー・ハイネマン。脚本は『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』アラッシュ・アメル。
以前、この企画にはシャーリーズ・セロンがプロデューサーとして関わっていて、彼女がメリー・コルビンを演じるという噂がありましたが、結局本企画から名前が消えています。最終的にメリー・コルビン役はロザムンド・パイクになりました。

シャーリーズ・セロンが企画する、隻眼の女性ジャーナリスト伝記映画、監督決定
片目を失明しPTSDを患いながらも世界各地の紛争をレポートし続け、2012年に紛争地で死亡した女性ジャーナリスト、メリー・コルビンの伝記映画は、シャーリーズ・セロンがプロデューサーとして企画開発に参加して...

タイトルはまだ未定ですが、制作は10月からスタートする予定です。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です