Home 海外NEWS 現代の高校版シラノ・ド・ベルジュラック『Sierra Burgess Is A Loser』にクリスティン・フローセス出演

現代の高校版シラノ・ド・ベルジュラック『Sierra Burgess Is A Loser』にクリスティン・フローセス出演

現代の高校版シラノ・ド・ベルジュラック『Sierra Burgess Is A Loser』にクリスティン・フローセス出演
0

シャノン・パーサー主演、ガリ勉少女が男の子に恋をし、自分の容姿のコンプレックスからチアガールの女の子を代役にする、現代版シラノ・ド・ベルジュラックの『Sierra Burgess Is A Loser』に、モデルで女優のクリスティン・フローセスが参加します。


『Sierra Burgess Is A Loser』は現代のビバリーヒルズの高校が舞台。勉強ができて会話もスマートなヒロイン、シエラ(シャノン・パーサー)は、ある日かっこいい男の子にメッセージを送り、やりとりをするようになります。しかし彼女は残念ながら美人ではありません。そこで学校の美人チアガールのビクトリア(v)に協力してもらい、シエラになりすまして男の子に近づく…という、キューティー映画では久々の「シラノ・ド・ベルジュラック」パターンのお話です。

文才があり知性溢れる剣豪が、ずっと一人の女性に恋をしていますが、自身の醜い顔(鼻)のコンプレックスからそれを胸に秘めています。その女性が彼の部下が好きであることを知った彼は、部下の代わりに手紙を書くというのが戯曲「シラノ・ド・ベルジュラック」。
これまで何度も映画化され、様々な映画に流用されてきました。
キューティー映画ではジャニーン・ガロファロー&ユマ・サーマン出演『好きと言えなくて』がまさにこのパターンでした。

好きと言えなくて (字幕版)

好きと言えなくて (字幕版) [不明]

監督Michael Lehmann

出演者Uma Thurman, Janeane Garofalo, Jamie Foxx, James McCaffrey, Ben Chaplin

スタジオフォックス

商品カテゴリーAmazonビデオ

シャノン・パーサー、クリスティン・フローセスの他にルジ・サイラー(『ぼくとアールと彼女のさよなら』)の出演が決定しています。
監督は初監督のイアン・サミュエルズ。脚本はリンジー・ビアー。彼女は『トランスフォーマー/最後の騎士王』や『バービー』の脚本開発に参加していました。

当初、相手の男の子役には『X-MEN:アポカリプス』のベン・ハーディが候補に挙がっていましたが、これは実現していないようです。

ヒロイン役のシャノン・パーサーは初出演だった、ネットフリックスのオリジナル・ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」バーバラ役で大人気になっています。

クリスティン・フローセスは今年放送予定の『ぼくのエリ200歳の少女(米リメイク版タイトル『モールス』)』のTVシリーズでヒロインエリを演じます。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です