Home 海外NEWS ブラッドレイ・クーパー&レディー・ガガ『スタア誕生』はカントリー・ミュージック業界のお話に

ブラッドレイ・クーパー&レディー・ガガ『スタア誕生』はカントリー・ミュージック業界のお話に

ブラッドレイ・クーパー&レディー・ガガ『スタア誕生』はカントリー・ミュージック業界のお話に
0

レディー・ガガがヒロイン、ブラッドレイ・クーパーが主演と初監督を務める『スタア誕生』は、カントリー・ミュージック業界の話になります。公式写真も公開されました。


ジャクソン(ブラッドレイ・クーパー)はカントリー界のスター。そんな彼が見つけた才能ある無名の新人アリー(ステファニー・ジャーマノッタ)。2人は恋におちますが、アリーがスターへの階段を登っていくのに対してジャクソンはどんどん落ちぶれていき…というお話です。

ステファニー・ジャーマノッタはレディー・ガガの本名。映画初主演となる彼女は今回レディー・ガガとしてではなく本名でクレジットします。
監督・脚本はブラッドレイ・クーパー。彼はもう1本監督作がありますが、『スタア誕生』の方が公開が先になりそうで、こちらが初監督作品となります。
共同脚本で『かけがえのない人』『一枚のめぐり逢い』ウィル・フェッターズが参加し、最終的には『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』『フォレスト・ガンプ/一期一会』エリック・ロスが脚本をまとめています。

新人の女性とすでに有名な男性が出会って恋をして、次第に立場が逆転していく…という展開が『スタア誕生』のフォーマットです。過去3回映画されており、1、2作目は女優とスターという映画業界のお話。1976年に作られた3作目バーブラ・ストライサンド&クリス・クリストファーソン共演による『スター誕生』が音楽業界のお話でした。今回は3作目と同様音楽業界で、カントリー・ミュージック界のお話になっています。

リアン・ライムスあたりから、テイラー・スウィフト、キャリー・アンダーウッドなど若手女性歌手はカントリー出身が多く、また音楽的にもソフトロック化していて聞きやすいというもあり今回のアレンジは実に今風です。ちなみに上記の3人共キューティー映画で初出演を果たしています。

アメリカで現在開催中の野外音楽フェスティバル「コーチェラ・フェスティバル」にレディー・ガガが出演するのを利用して、18日、19日に本作のカントリー・ライブシーンの撮影が行われます。

『スタア誕生』レディー・ガガによるカントリーのライブシーンを撮影
2018年9月公開予定の、ブラッドリー・クーパーが主演&初監督を務め、ヒロイン役をレディー・ガガが演じる『スタア誕生』。そのコンサートシーンの撮影が4月18日、19日にカリフォルニア州のコーチェラ・ヴァレー...

『スタア誕生』は全米で2018年9月28日公開予定です。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です