Home 海外NEWS 『スター・ウォーズ エピソード8』の新女性キャラ候補にベル・パウリー

『スター・ウォーズ エピソード8』の新女性キャラ候補にベル・パウリー

『スター・ウォーズ エピソード8』の新女性キャラ候補にベル・パウリー
0

star-wars-episode-viii-new-female-cast_00『アバター』が318日かかった歴代全米興行収益をたった20日で塗り替えた『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。2017年には続く『エピソード8(仮題)』が公開されますが、新しく登場する女性キャラのキャスティングが誰になるか注目されています。一時はググ・バサ=ロー(『ベル ~ある伯爵令嬢の恋~』)が有力視されていましたが、ここにきてのベル・パウリー(『Diary Of A Teenage Girl』)の名前があがってきました。


『エピソード8』は『LOOPER/ルーパー』ライアン・ジョンソンが監督です。前作の新キャスト、デイジー・リドリー、ジョン・ボヤーガ、オスカー・アイザックが登場するのは当然として、今回は新たな敵役にベニチオ・デル・トロが出演することがわかっています。

さらに新しく登場する女性のメインキャラクターの候補に、タチアナ・マズラニー、ジーナ・ロドリゲス、オリビア・クック、ググ・バサ=ローらの名前があがっていました。一時はググ・バサ=ローでほぼ決まりという報道もありましたが、ここに来てググ・バサ=ローは候補から外れ、新たにベル・パウリーが候補にあがっているという情報が出てきました。

ググ・バサ=ローは、劇中歌がアカデミー賞歌唱賞にノミネートされた日本未公開『Beyond The Lights』でヒロインの人気歌手役を好演しています。

ググ・バータ=ローがスターを演じる『Beyond The Lights』予告編

そしてベル・パウリーはヒロインを演じた『Diary Of A Teenage Girl』が非常に高い評価を得ています。

作品紹介:Diary Of A Teenage Girl

いずれも日本では未公開ですが、2人ともキューティー映画のヒロインを演じて高い評価をされているという共通点が面白いです。新キャラクターに何かしら関係あるのでしょうか?
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は想像以上にデイジー・リドリー演じるレイを中心としたキューティー映画でした。『エピソード8』でもキューティー映画しているスター・ウォーズを期待したいところです。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です