Home 海外NEWS ウディ・アレン新作、スティーヴ・カレルが降板したブルース・ウィルスの代役に

ウディ・アレン新作、スティーヴ・カレルが降板したブルース・ウィルスの代役に

ウディ・アレン新作、スティーヴ・カレルが降板したブルース・ウィルスの代役に
0

クリステン・スチュワート、ジェシー・アイゼンバーグ、ブレイク・ライヴリー、アナ・キャンプら豪華出演陣が話題のウディ・アレンの最新作で、先日、撮影中に突然降板したブルース・ウィルスの役をスティーヴ・カレルが演じることになりました。


ブルース・ウィルスは撮影にも参加していましたが、役作りが準備不足ということで降ろされてしまいました。

ウディ・アレンの新作撮影中にブルース・ウィルスが突然降板

撮影は現在LAとNYで進められており、ブルース・ウィルスクラスの知名度があり、スケジュールに合わせられて、芝居がウディ・アレンのお目に叶う人を急遽探す必要があったのですが、『メリンダとメリンダ』(2004)でウディ・アレン映画の経験があるスティーヴ・カレルなら問題ないですね。

しかし、何より早く新作のタイトルと内容を知りたいところです(笑)

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です