Home 海外NEWS アイヴァン・ライトマン、伝説のフェスティバルを題材にしたミュージカル映画『Summer of Love』を初監督

アイヴァン・ライトマン、伝説のフェスティバルを題材にしたミュージカル映画『Summer of Love』を初監督

アイヴァン・ライトマン、伝説のフェスティバルを題材にしたミュージカル映画『Summer of Love』を初監督
0

オリジナル版『ゴーストバスターズ』シリーズ、『Gガール 破壊的な彼女』『抱きたいカンケイ』の監督アイヴァン・ライトマンが自身としては初めてとなる、1967年に行われた伝説的な音楽フェスティバルを描くミュージカル映画『Summer of Love』の監督を務めます。


『Summer of Love』のお話の詳細はまだ不明ですが、1967年6月にサンフランシスコ近郊で行われた、史上初の野外ロック・フェスティバル「モンタレー・ポップ・フェスティバル」に向かう若者たちのロードムービーとなるようです。

モンタレー・ポップ・フェスティバルは、アル・クーパー、ジェファーソン・エアプレイン、バーズ、アニマルズ、ザ・フー、ラヴィ・シャンカール、サイモン&ガーファンクル、オーティス・レディングに、ソロになる前のジャニス・ジョプリンが所属していたバンド、ビッグ・ブラザー&ホールディング・カンパニー、オーティス・レディング、このフェスティバルでギターを燃やすパフォーマンスをしたのが有名なジミー・ヘンドリックスらが出演しました。

ロック史上初の野外音楽フェスティバルで、ヒッピー・ムーブメントを象徴するものであり、このフェスティバルの成功が2年後に行われた、のべ40万人以上を集めたと言われている、一大野外音楽フェスティバル「ウッドストック」に繋がります。

カナダ出身のSNSで有名になった若手歌手ショーン・メンデスが映画初出演します。
同じくカナダ出身のアイヴァン・ライトマンはミュージカル映画の監督は初ですが、実際にあった有名フェスティバルを題材に、どう映画化するか注目です。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です