Home 海外NEWS エリザベス・バンクス&ポール・ジアマッティ共演で、伝説的なテニス試合「性別間の戦い」を描く

エリザベス・バンクス&ポール・ジアマッティ共演で、伝説的なテニス試合「性別間の戦い」を描く

エリザベス・バンクス&ポール・ジアマッティ共演で、伝説的なテニス試合「性別間の戦い」を描く
0

the-battle-of-the-sexes-movie_001973年、当時女子テニス選手のビリー・ジーン・キングと男子テニス選手ボビー・リッグスが行った伝説の男女対抗試合を、エリザベス・バンクスとポール・ジアマッティの共演で描く映画企画が始動しました。


当時テニス界は男女の格差が酷く、全米女子テニス界の中心だった30歳のビリー・ジーン・キング夫人は男女同権運動の中心にいました。

一方、ボビー・リッグスは1940年代に活躍したテニスプレーヤーでしたが、彼は男性優越主義者として有名で、数々の発言で物議を醸し出していました。そんな彼が55歳になった時復帰し、自分の説を証明するために女性プレイヤーと試合を計画します。
ボビーの狙いは男女同権運動の代表であるキング夫人でした。しかし彼女はボビーの申し入れを断ります。
the-battle-of-the-sexes-movie_01
そこでボビーは母の日である5月13日に、当時女性テニスプレイヤーではNo.1の成績を持つ31歳のマーガレット・コート夫人と試合を行います。
ボビーはコート夫人に圧勝。そしてその場で、男女同権運動を代表するビリー・ジーン・キングへ挑戦状を叩きつけます。

そしてとうとう9月にテキサス州ヒューストンのアストロドームで世紀の一戦「性別を超えた戦い(The Battle of the Sexes)」が
3万人の観客、TV中継で50万人が見守る中行われました。
試合は5セットマッチで、キング夫人が3セット・ストレート勝ちの圧勝となりました。

この劇的な展開の史実は、2001年にホリー・ハンターとロン・シルヴァーの共演でTV映画「When Billie Beat Bobby」として放映されています。2人とも似ています。
http://youtu.be/hfv0-top9DE
2013年にはイギリスで『The Battle Of The Sexes』というタイトルのドキュメント映画が公開されています。

さらにダニー・ボイル監督で映画化という話もありましたし、ウィル・ファレルは自身がボビーを演じ、この試合が八百長だったという説に基いた『Match Maker』というタイトルの映画企画もあります。(ボビーが当時マフィアから多額の借金をしていて、賭博のためわざと負けたという噂があります。)

エリザベス・バンクスがキング夫人を、ポール・ジアマッティがボビーを演じる今回の企画は、現在タイトルと監督が未定ですが、トム・ハンクスの企画製作会社プレイトーンとエリザベス・バンクスの持つ企画製作会社が共同で製作を行います。
脚本を『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』のデイビット・オーバーンが担当します。

エリザベス・バンクスは全米で5月公開の『ピッチ・パーフェクト2』で初監督をしますが、成績次第では本作の監督もありえるのでしょうか?

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です