Home 海外NEWS キルステン・ダンストの長編監督デビュー作『The Bell Jar』にジェシー・プレモンスが出演

キルステン・ダンストの長編監督デビュー作『The Bell Jar』にジェシー・プレモンスが出演

キルステン・ダンストの長編監督デビュー作『The Bell Jar』にジェシー・プレモンスが出演
0

キルステン・ダンストの長編監督デビュー作となる、ダコタ・ファニング主演『The Bell Jar』にジェシー・プレモンスが出演します。


『The Bell Jar(原作邦題:ベル・ジャー)』は、1950年代にNYで優等生の女子大生がファッション雑誌の編集者のバイトにつくものの、挫折感などから消耗しきって地元に戻り、次第に精神を病んでいく…というお話です。
双極性障害持ちで結婚し子供がいながら30歳で自殺した女流詩人シルヴィア・プラスが、1963年に発表した半自伝的な小説「ベル・ジャー」が原作です。

キルステン・ダンスト、女流詩人シルヴィア・プラスの半自伝小説「ベル・ジャー」の映画化で長編監督デビュー。主演はダコタ・ファニング
キルステン・ダンストが、女流詩人シルヴィア・プラスの半自伝小説を原作にした『The Bell Jar(原作邦題:ベル・ジャー)』のリメイクで長編監督デビューを果たします。主演はダコタ・ファニングがキャスティン...

監督・脚本はキルステン・ダンスト、共同脚本にネリー・キム。
主人公エスターをダコタ・ファニング。「ブレイキング・バッド」「FARGO/ファーゴ シーズン2」のジェシー・プレモンスはエスターの友人の彼氏役を演じます。
キルステン・ダンストとジェシー・プレモンスはこの前まで「FARGO/ファーゴ シーズン2」で夫婦役を演じていました。

撮影は来年からを予定しています。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です