Home 海外NEWS ジェニファー・ローレンス主演のキューティー映画企画『The Rosie Project(ワイフ・プロジェクト)』の監督に『6才のボクが、大人になるまで。』リチャード・リンクレイター

ジェニファー・ローレンス主演のキューティー映画企画『The Rosie Project(ワイフ・プロジェクト)』の監督に『6才のボクが、大人になるまで。』リチャード・リンクレイター

ジェニファー・ローレンス主演のキューティー映画企画『The Rosie Project(ワイフ・プロジェクト)』の監督に『6才のボクが、大人になるまで。』リチャード・リンクレイター
0

the-rosie-project-richard-linklater_00ヒロイン役にジェニファー・ローレンスが決定している、3高で何事もきちっとしていないとダメな大学准教授と、自由奔放な生き方をしている女性の恋愛を描く『The Rosie Project(原作邦題:ワイフ・プロジェクト)』の映画化企画で、ビフォア・トリロジー、『6才のボクが、大人になるまで。』のリチャード・リンクレイターが監督に就くようです。


『The Rosie Project』は、グラム・シムシオンが2013年に発表した小説が原作です。
何でもソツなくこなす”3高”の大学准教授は自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)のためキチキチした性格が災いして未だ結婚できません。そこで「ワイフ・プロジェクト」を自ら立ち上げ婚活に乗り出しますが、そんな時知り合ったのは、自分と正反対の自由奔放な女性…というお話です。

日本では「ワイフ・プロジェクト」の邦題で2014年に出版されています。

ワイフ・プロジェクト

ワイフ・プロジェクト [書籍]

著者グラム・シムシオン

クリエーター小川 敏子

出版社講談社

出版日14.02.27

商品カテゴリー単行本(ソフトカバー)

ページ数354

ISBN4062183161


脚本は『(500)日のサマー』『きっと、星のせいじゃない。』のスコット・ノイスタッター&マイケル・H・ウェバーのコンビにより執筆されています。

当初この企画は『LEGO ムービー』以来引っ張りだこのフィル・ロードとクリス・ミラーのコンビが監督する予定でしたが、スター・ウォーズのスピンオフ作品のため、この企画から降板します。
一方でヒロイン役に大人気で引っ張りだこのジェニファー・ローレンスが決定していました。
企画製作のソニーは、この企画の監督にビフォア・トリロジーの監督、リチャード・リンクレイターを召喚します。これは面白いキューティー映画になりそうです。

ジェニファー・ローレンス、キューティー映画企画『The Rosie Project』のヒロイン役に

リチャード・リンクレイター監督は、タイラー・ホークリン、ワイヤット・ラッセル、ゾーイ・ドゥイッチらが出演する、1980年代を舞台に若い野球選手を描く新作『That’s What I’m Talking About』の公開が2016年4月16日に控えています。こちらは『6才のボクが、大人になるまで。』のユニバーサル作品です。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です