Home 海外NEWS 第2次大戦時イギリスで戦意高揚映画のために雇われたロマンスが得意な女性ライターを描く『Their Finest』

第2次大戦時イギリスで戦意高揚映画のために雇われたロマンスが得意な女性ライターを描く『Their Finest』

第2次大戦時イギリスで戦意高揚映画のために雇われたロマンスが得意な女性ライターを描く『Their Finest』
0

第2次世界大戦中、イギリス軍部が女性客にも受ける戦意高揚映画を作るために雇われた、ロマンス系が得意な女性ライターの活躍を描く、ジェマ・アータートン主演、ロネ・シェルフィグ監督の新作『Their Finest』をご紹介。


1940年、第2次世界大戦中のイギリス軍部がロマンスものを得意とする女性ライターを雇います。彼女の仕事は、その年に起こった「ダイナモ作戦」を描く戦意高揚映画を、女性にも共感してもらうようロマンティックにするためでした。アーティストの夫は彼女の仕事をバカにしますが、そんな彼女の働きを誰よりも一番評価したのは、映画のメインライターだった…という、とってもお話です。

2009年に出版された女性作家リサ・エバンスの「Their Finest Hour And A Half」が原作です。


ここで戦意高揚映画のもととなる「ダイナモ作戦」とは、1940年にドイツ軍に打ち負かされフランス北部の港町ダンケルクに追い詰められていたイギリス軍とフランス軍兵士、約33万人をイギリス軍艦船だけではなく民間の漁船や旅客船なども総動員してイギリス本土に1週間ちょっとで逃した大撤退作戦のことです。
この作戦は「ダンケルクの奇跡」と呼ばれ、イギリス国民を大いに発奮させ、後の(最終的に勝利する)長期戦となるきっかけと言われています。

このことを題材に戦意高揚映画にしようとした、とするのが本作です。そこにキューティー映画化するために、夫や周りからバカにされていた女性脚本家が参加し、見事活躍するという、なんとも超キューティー映画な内容です。見たいですね!!!!

監督は『ワン・デイ 23年のラブストーリー』『17歳の肖像』のデンマーク出身の女流監督ロネ・シェルフィグ。脚本はギャビー・チャッペ。

出演はヒロインの女性ライターにジェマ・アータートン、メインライター役にサム・クラフリン、戦意高揚映画に出演するスターにビル・ナイ、その他にジャック・ヒューストン
、ヘレン・マックロリー、エディ・マーサン、リチャード・E・グラントらが出演。

本作はトロント国際映画祭でプレミア上映され、ロンドン映画祭でも上映されました。アメリカでは本国イギリスより一足先に2017年3月24日に公開されることが決定しています。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です