Home 海外NEWS トム・ホランド、YA小説映画化『Chaos Walking(原作邦題:混沌の叫び)』でデイジー・リードリーと共演

トム・ホランド、YA小説映画化『Chaos Walking(原作邦題:混沌の叫び)』でデイジー・リードリーと共演

トム・ホランド、YA小説映画化『Chaos Walking(原作邦題:混沌の叫び)』でデイジー・リードリーと共演
0

『わたしは生きていける』に出演後、『スパイダーマン ホームカミング』で新たなスパイダーマンを演じるトム・ホランドが、デイジー・リードリーが出演するSF系YA小説の映画化『Chaos Walking(原作邦題:混沌の叫び)』で主役の男の子を演じることがわかりました。


人類がたどり着き定住した惑星、そこでは人々の考えや想像が全て他人に分かってしまう「ノイズ」と呼ばれる菌があり、世界は人々の考えや想いの騒音だらけになっています。13歳のトッドはある日宇宙から来た少女と出会います。彼女はノイズ菌に侵されていないため考えがトッドには分かりません。そんな彼女と一緒にノイズ菌を治せる町を目指して旅をする…というのが、パトリック・ネス原作『Chaos Walking(原作邦題:混沌の叫び)』シリーズ第1巻「心のナイフ」の内容です。

心のナイフ 上 (混沌の叫び1) (混沌の叫び 1)

心のナイフ 上 (混沌の叫び1) (混沌の叫び 1) [書籍]

著者パトリック・ネス

クリエーター金原 瑞人, 樋渡 正人

出版社東京創元社

出版日12.05.30

商品カテゴリー単行本

ページ数274

ISBN4488013457


これまでは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のロバート・ゼメキスが監督をする予定で企画開発が進められていましたが、ゼメキスはプロデューサーにまわり、監督は「ボーン・シリーズ」や『Mr&Mrs スミス』のダグ・ライマンに。脚本は『マネーモンスター』『親愛なるきみへ』のジェイミー・リンデン。
YA小説映画化『Chaos Walking(原作邦題:混沌の叫び)』にデイジー・リドリー出演
パトリック・ネス原作のYA小説を映画化する『Chaos Walking(原作邦題:混沌の叫び)』にデイジー・リドリーがヒロイン役で出演することがわかりました。人類がたどり着き定住した惑星、そこでは人々の考えや想像...

デイジー・リドリーが主人公と出会う思考の読めない謎の女性を、トム・ホランドは主人公トッド役を演じます。
原作に比べるとメイン2人の年齢が引き上げられているようです。

トム・ホランドは全米公開2017年7月17日の『スパイダーマン ホームカミング』で、トビー・マグワイア、アンドリュー・ガーフィールドに続く3代目ピーター・パーカー&スパイダーマンを演じます。『スパイダーマン ホームカミング』次第でスターの仲間入りを果たすことになりますから、本作の出演も注目です。
2017年から撮影開始を予定しています。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です