Home 海外NEWS 『ヴァレー・ガール』ミュージカル映画化企画に女流監督参加

『ヴァレー・ガール』ミュージカル映画化企画に女流監督参加

『ヴァレー・ガール』ミュージカル映画化企画に女流監督参加
0

1983年にアメリカで公開されたニコラス・ケイジ初主演作キューティー映画『ヴァレー・ガール』のミュージカル化をMGMが企画していますが、その監督にレイチェル・ゴールデンバーグが選ばれました。


『ヴァレー・ガール』は日本では劇場未公開でソフトスルーとなっています。
高級住宅地に住むヴァレーガールな女の子ジュリー(デボラ・フォアマン)は、今日も友達たちとショッピングや男の子のことや恋の話に夢中。ある日、ジュリーはパーティーで偶然知り合った街の不良ランディ(ニコラス・ケイジ)と出会う。あっという間に恋に落ちる2人。しかし不良とつきあうのを友達に反対されたジュリーは、悩んだ末ランディを振ってしまう。ジュリーなしでは生きていけないランディは再度猛アタックを始める…というお話です。

この映画には、80年代のハイセンスなロックやポップソングが使われ、サントラもヒットしました。


作品についてはこちらのページで解説しています。
ヴァレー・ガール
まずDVDジャケットで並んでいる主役2人は、本編では全く違う髪型と衣装です。ジャケットの2人の格好は何?特にヒロイン、本編ではショートカットやん。どういう意図があるんだ??かなり謎です(笑)さて、この映...

MGMは以前から『ヴァレー・ガール』のミュージカル・リメイクを進めていて、女流脚本家エイミー・トーキントンによって書かれた脚本を元に、一時はCM出身のクレイ・ウェイナーが監督候補となって企画開発が行われていました。
当初は舞台ミュージカルの企画でしたが、現在はミュージカル映画として企画開発を行っているようです。

これは近年NBC、FOX、ディズニーなどがミュージカルのTV映画でヒットを飛ばしていて、80年代のキューティー映画のリメイクが多いということから、ミュージカル映画の老舗MGMとしてもこの流行に乗りたいという思惑があります。しかも成功すれば自社のMGMミュージカルと呼ばれた名作『雨に唄えば』『オズの魔法使』などのリメイクを次々に送り出せます。
その試金石としての『ヴァレー・ガール』のミュージカル企画はMGMにとって重要な位置を占めています。

今回監督に選ばれたレイチェル・ゴールデンバーグは、去年、米ケーブル局LifetimeのV映画制作25周年記念作品で放映前に情報が出たため、主演でプロデューサーのウィル・ファレルが放送中止を宣言したものの、結局は放送するというスッタモンダがあった、クリステン・ウィグ共演のサイコ・サスペンス「A Deadly Adoption」で監督を務めています。
彼女のミュージカル映画の演出力は未知数です。

あれ?マジでサスペンス?ウィル・ファレル&クリステン・ウィグ共演「A Deadly Adoption」予告編
現地時間6月20日夜に放送予定の、ウィル・ファレル&クリステン・ウィグ共演のTV映画「A Deadly Adoption」の予告編が公開されました。今回は先日公開されたティーザー予告編と違い、物語の内容をなぞるものです...

ウィル・ファレル&クリステン・ウィグ共演TV映画「A Deadly Adoption」高視聴数を獲得
現地時間6月20日(土)夜に放送された、ウィル・ファレル&クリステン・ウィグ共演のサスペンスTV映画「A Deadly Adoption」が、高視聴数を獲得しました。「A Deadly Adoption」は米ケーブル局Lifetimeの、自社TV...

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です