Home 海外NEWS 2016年リオデジャネイロ・オリンピック難民選手団の競泳選手、ユスラ・マルディニの伝記が映画化

2016年リオデジャネイロ・オリンピック難民選手団の競泳選手、ユスラ・マルディニの伝記が映画化

2016年リオデジャネイロ・オリンピック難民選手団の競泳選手、ユスラ・マルディニの伝記が映画化
0

2016年に開催されたリオデジャネイロで行われたオリンピックで、初めて結成された難民選手団に競泳選手として参加した、当時18歳だったシリア出身のユスラ・マルディニの実話が、スティーブン・ダルドリー監督で映画化されます。


ユスラ・マルディニはシリアで生まれ、競泳選手として活動していました。しかしシリアが内戦状態となり身の危険を感じたユスラはやはり競泳をやっていた姉サラと共にシリアを脱出します。
ユスラ・マルディニ
2人は他の難民たちと一緒に、レバノンからトルコ経由で船にのりギリシャに向かおうとしましたが、定員の倍以上の人数が乗った船のエンジンが途中で故障。ユスラとサラたちを含む泳げる人たち4人でボートを泳ぎながら押し、4時間近い時間をかけて、なんとかギリシャのレスボス島にたどり着きます。その後亡命してきた両親も合流し一家でドイツに移住します。
ユスラと姉のサラ
そして2016年6月にブラジル、リオデジャネイロで開催されたオリンピックに、オリンピック初となる、内戦や政情不安などで難民となった選手たちが出場できるように結成された「難民選手団」の一員として参加、100mバタフライに出場します。

若干19歳で劇的な人生を歩んでいる彼女の半生は映画化にもってこいです。企画開発はウォーキング・タイトル社が行います。
監督には『リトル・ダンサー』『めぐりあう時間たち』のスティーブン・ダルドリー。
彼は2019年12月20日公開予定のブロードウェイ・ミュージカル待望の映画化『ウィキッド』の監督も控えています。

『ウィキッド』映画化&公開日&監督決定
ブロードウェイ・ミュージカルで最も映画化を期待されていた『ウィキッド』の映画化と公開予定日、そして主要スタッフが、正式にユニバーサル・ピクチャーズから発表されました。『ウィキッド』は、悪い魔女側の...

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です